ドルコスト平均法が活かせる保険【ドル建て終身保険】 - 貯金・家計キャッシュフロー - 専門家プロファイル

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ドルコスト平均法が活かせる保険【ドル建て終身保険】

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 貯金・家計キャッシュフロー

お客様に有利な保険提案を得意とするファイナンシャルプランナー宮下です。


投資を始めようとする人がよく口にする台詞で、

「投資って不安」「安いときにだけ買って、高いときにだけ売りたい」というのがあります。

"安いときにだけたくさん買いたい!"そんな調子のいいことができればよいのですが、

相場のプロでも難しいワザを素人がそう簡単に出来るわけがありません。


でも投資の勉強を少しするだけで、

"安いときにだけたくさん買いたい!"という理想に一歩近づくことが出来るんです。


投資の世界では有名な方法で「ドルコスト平均法」というものがあります。

みなさんお聴きになったことがありますか?


「一定額を継続的に投資をすると、平均取得単価が安くなる」という投資方法です。

例えば毎月100,000円で米ドルを購入していくとします。

1ヶ月目は$1=¥100だったので、$1000(¥100,000÷¥100)買えました。

2ヶ月目は$1=¥120だったので、$833(¥100,000÷¥120)買えました。

3ヶ月目は$1=¥80だったので、$1250(¥100,000÷¥80)買えました。


つまり高かったときは、少ない口数しか買えず、安かったときは、多くの口数が買えるわけです。

すると平均取得単価が安くなるんです。


このドルコスト平均法を活かした投資は、どこでできるんでしょうか?

例えば、外貨建ての終身保険。

外貨建ての貯蓄保険は毎月保険料を納めるので、このドルコスト平均法にもってこいなんです。

保険機能もついて、貯蓄もできて、しかもドルコスト平均法。

解約時の為替によっては大きく元本を上回ることがあります。


もちろん為替のリスクもありますから、しっかりと説明を受けましょう。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(保険アドバイザー)

お客様に有利な保険をご提案することが私の使命です。

保険会社によって、得意分野があるのをご存知でしょうか?医療保険が強い会社もあれば、煙草を吸う方にやさしい会社もあります。そんな保険会社の特徴を活かし、保険会社の強みを活かしたプランニングを得意としています。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 生命保険 見直し相談

料金
無料

国内約半分の保険会社の中から、各社の強みを活かした、お客様に有利なプランニングを得意としています。

生命保険 見直し相談

このコラムに類似したコラム

日本の暗いお手本、インド 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2013/08/30 09:00)

金価格の大幅下落について 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/25 00:39)

そして為替が円安に動いたら・・・ 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/06/28 10:10)

特約付外貨定期預金 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/11/16 15:33)

「社会貢献型」外債 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/10/06 23:56)