バリアフリー住宅/今を不便にする必要はない - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

忘蹄庵一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士
03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

バリアフリー住宅/今を不便にする必要はない

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
やさしい建築であること

バリアフリー住宅を計画する場合、現状は健康でも将来を見込んでバリアフリーとしたいという方もいることでしょう。例えば手すりを今のところは使う予定はない場合は、いずれ設置できるよう手すりが必要となる可能性がある壁には下地合板を入れ、竣工図に位置を記載してお渡しします。
アプローチでは前面道路から玄関まで車椅子による移動ができるようにします。玄関では手すりや腰掛を設けたり、段差が大きい場合は上がり框を2段にしたりなどが考えられます。トイレは出来れば車椅子でも入れる大きさにし、扉も開き戸よりも引き戸、入口も便器の正面より側面の方が車椅子使用に適しています。位置も音漏れを考慮しつつも寝室の近くがよいでしょう。
徹底したバリアフリー化は健康なときにはかえって不便だったり、コスト高が気になったりします。どの程度の「バリアフリー住宅」にするかが重要になります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士)
忘蹄庵一級建築士事務所 代表

専門家の立場でご要望に親身に対応します

長く使い続けていただける心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えています。新築だけでなくリフォームやリノベーションの実績も多数あります。既存住宅状況検査や耐震診断などを行って中古物件に価値を生み出すことを大切にしています。

03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「やさしい建築であること」のコラム

トップライトの効果(2012/12/18 16:12)

愛犬家とバリアフリー住宅(2012/07/18 11:07)

愛犬家とバリアフリー住宅(2012/05/15 14:05)

このコラムに類似したコラム

玄関で得する家になる~プランニングの秘訣 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/08/18 10:28)

天然木無垢材でつくった自宅トイレ周辺の手すり 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2013/04/06 22:32)

賢い間取り ~トイレ編~ 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2013/03/29 10:00)

間取りを見直す。(時代に合わせて) 遠藤 浩 - 建築家(2011/02/21 23:41)

数センチにこだわって快適な間取りと空間を実現 常木 清行 - 工務店(2010/11/15 08:10)