見積り比較を簡単に行うには? - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

見積り比較を簡単に行うには?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●家を建てよう!!

見積り項目を何処に入れるかは、工務店メーカーによってバラバラです。
例えば、人件費と材料を分けて書く業者もいれば、材工一式で見積りする業者もいます。

それを承知の上で、凡その価格配分をしますと
仮設工事4.3%
基礎工事6.5%
大工工事(材工)26.1%
サイディング工事8.6%
屋根工事4.3%
板金工事2.1%
金属建具工事(ガラス共)8.7%
木製建具4.3%
左官工事2.1%
内装工事4.3%
タイル工事2.1%
住設工事6.5%
電気工事4.3%
給排水衛生8.6%
雑工事諸経費7.2%

ぐらいになるかと思います。
但し、見積りによっては住設工事が給排水衛生工事の中に入っていたり
大工工事でサイディングを張ったりしますので、それらをバラバラに分けて
再構築しなければ、見積り比較は出来ません。それが出来るのは、
凡その予算配分が、頭の中に入っている人でないと不可能な仕事です。

専門家でない、人が簡単に見積り比較をしたいのであれば、設計事務所に
積算書を作ってもらう事をお勧めします。積算書とは見積り書の金額(単価)の
入っていないものと思ってください。
それを、ビルダーや工務店に配布して、そこに金額を入れてもらうのです。
そうすれば、単純に金額の比較で施工者を選ぶ事が出来ます。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

このコラムに類似したコラム

足場のはなし。 岩間 隆司 - 建築家(2013/02/16 12:10)

雨が上がる。スラブが上がる。 岩間 隆司 - 建築家(2013/01/22 18:34)