社内報を考えると行き着くところ - 広報・PR - 専門家プロファイル

豊田 健一
一般社団法人 組織内コミュニケーション協会 専務理事 兼 『月刊総務』編集長
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内報を考えると行き着くところ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR

社内報のことを深く考えていくと、

つまり、どこから考え始めると、整合性がとれるかという

社内報の原点について考えてみた

 

結局、その会社に所属している個人に、

・どのような人になってもらいたいか

・どのような行動をしてもらいたいか

・とのような仕事をしてもらいたいか

そのようなことを明確にすることから考え始めるのがいいように思う

 

そして、その実現ためには、個人として、

・どのような情報があるといいのか

・どのような感情であるといいのか

を考えていくことになる

 

まず、情報については、

・その情報はどこにあり

・どこから発信されるのが適当であり

・発信元、情報元と情報の受けてである個人の状況を考慮して、

どのようなメディアで発信されるのが適当であるか

を考えていく

 

感情については、つまり、個人として、

・安心してこの会社で働くことができ

・わくわく楽しく、ヤル気に満ちて

・自社のメンバーのことが好きになれる

には、上記の情報と同じように、そのためにはどうしたらいいかを考えていく

 

このように考えていくと、社内報ありきの議論にはなりそうもない

結果として、社内報であったり、朝礼であったり、Web社内報であったりと、

メディアの選択は最後の最後のステージとなる

 

そもそもなにがしたいのか

そもそもどうして欲しいのか

 

どこまで物事の本質に迫れるか

社内報も同様である

最新 「社内報セミナー」のご案内はこちら → http://icomu.or.jp/?p=129

「社内報創刊」のための無料個別相談                   http://profile.ne.jp/s/s-3693/

「社内報リニュアル」のための無料個別相談            http://profile.ne.jp/s/s-3697/

「社内報編集 初心者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3701/

「社内報編集 中級者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3728/

このコラムに類似したコラム

広報部は雑種 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/05/11 08:43)

SNS時代の社内広報 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/11 22:26)

社内報がなぜ読まれないのか 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/31 22:30)

社内報の世界から飛び出して 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/29 09:58)

社内報は漢方薬となり得るのか? 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/11 21:46)