エコ住宅の考え方 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

エコ住宅の考え方

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●エコノミーなエコロジー

エコロジーはエコノミーでないと意味がありません。エコロジーにお金を掛けると、お金を掛けた分だけ環境に負荷が掛かってしまうのです。出来るだけ単純な方がエコロジーです。

画像中央の金属パイプがダクトです。
構造は床下からロフトまでダクトを貫通させて、ダクトファンを取り付けます。
夏は床下からロフトに吹き上げ、冬はロフトから床下に空気を送り込むだけです。

特別な、蓄熱タンクや熱交換器を必要としません。北海道や特別寒い地域ならもっと慎重にエコハウスを考えますが、Ⅳ地域以南であれば十分快適な室内環境を得られます。

●原理
★冬は太陽高度が下がる為、部屋の奥まで日差しが入り込みます。南面のロフトに開口部を設け太陽光をダイレクトに取り込む間取り構成を考案します。
それによって暖められた空気はロフト付近に集まります。
その空気を、ダクトを通して床下まで送り込むのです。暖かい空気は上に上がります。
床下から通気ガラリを通って一階に入り、吹き抜けや階段・通気ガラリを通って、二階へとあがり再度ロフト周辺に上がり、循環を繰り返します。

★夏になると太陽高度が上がり、庇のお陰で室内に日差しが入り込まなくなります。
それでも、このままではロフト部分の温度が上がってしまいます。
そこで今度は床下からロフトに向けてダクトを使って床下の空気を吹き上げます。
地中の温度は年間を通じて16℃前後と一定な為、基礎は夏の大気よりも冷やされています。
またコンクリートは熱容量が大きいので床下の空気を充分に冷やしてくれます。
その空気をロフトまで吹き上げるのです。
吹き上げられた冷えた空気は、周囲の空気より重たいですから、吹き抜けや階段・通気ガラリを通り、床下まで降りて来て再び循環を繰り返します。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●エコノミーなエコロジー」のコラム

遮熱ってなに?(2012/12/15 09:12)

夏と冬の断熱の違い(2012/10/30 08:10)

このコラムに類似したコラム

本当に久しぶりの更新になってしまいました。耐震改修に取り組んでいます 木下 泰徳 - アップライフデザイナー(2016/10/01 15:02)

耐火被覆 松永 隆文 - 建築家(2016/04/27 10:50)

木造耐火建築物 三竹 忍 - 建築家(2016/04/22 08:52)

プラスターボード張り 松永 隆文 - 建築家(2016/04/18 09:41)

ノボパン張り 松永 隆文 - 建築家(2016/03/18 15:15)