日経記事;"ニッポンの企業力 新たな稼ぎ手世界へ和製ソフト"考察 - ビジネススキル全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;"ニッポンの企業力 新たな稼ぎ手世界へ和製ソフト"考察

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. ビジネススキル全般
経営戦略 海外展開

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

2月27日付の日経新聞に、『ニッポンの企業力 新たな稼ぎ手世界へ 和製ソフト飛躍の鼓動 第4部 サバイバル(3)』のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は、以下の通りです。

『 人気キャラクター「ハローキティ」がアジアから世界に広がっている。

米ウォルマート・ストアーズが販売する衣料品、オーストリアの高級ガラスメーカー、スワロフスキー、スイスの時計メーカー、スウォッチ……。キティの商標権を持つサンリオと、ライセンス契約を結んだ欧米の企業数は2008年以降に急増。200社から4倍以上に増えた。

自前抑え利益3倍

12年3月期の営業利益予想は前期比21%増の181億円、5年前の約3倍だ。海外はライセンスによる収入が7割を占め、5年前の2割から跳ね上がった。

直営店を通じた物販中心のビジネスモデルをがらりと変えたのは08年にサンリオに入社した取締役の鳩山玲人氏。(三菱商事出身)「世界でこれほど知名度のあるブランドを生かさない手はない。」と社内を説得。
キャラクター商品の在庫や出店経費がかさむリスクを抱えながら拡販する「自前主義」と決別した。

ライセンス先の企業がキティ関連商品の販売を伸ばせば、サンリオの収入が増える。一方で30店以上あった米国の直営店はすべて閉じた。

固定費が減って売上が伸び、利益が拡大した。鳩山は世界に通用するキャラクターを増やすため、昨年12月には幼児向けの絵本で知られる英国企業、ミスターメンを買収した。「ウォルト・ディズニー」と張り合うくらいの規模にしたい」と意気込む。

31年ぶりの貿易赤字となった日本。製造業の復権は欠かせないが、サンリオのようなブランド力のあるサービス・ソフト企業も国富を築く担い手になり得る。

日本のコンテンツ産業全体の収入の海外比率は約5%。米国の17%に及ばない。。。慶応大学の中村伊知哉教授は、「人材を育てコンテンツともの作りを融合させて売り込めば新たな成長エンジンの芽が見えてくるはず」と話す。

ネット産業。楽天の電子商取引の国内流通総額は昨年、1兆円を突破した。社長の三木谷氏は「通過点に過ぎない」と更なる高みを目指す。

中国やブラジルなど新興国を含む9カ国・地域に進出ずみで、27カ国・地域に広げる計画だ。海外比率はまだ10%だが、いずれ日本を上回ると予測する。

カギを握るのは楽天を通じ、日本の女性ファッションや家電製品を個人輸入する中国や台湾など海外の若者たち。

徐徐に増えているが「配送費を抑えれば国境を越える取引が劇的に拡大する」(三木谷氏)とみる。大手物流会社と組んで新たな仕組みを模索中だ。

3~5年後に世界の会員数10億人。将来は海外売上高比率8割を目指すー。ほかの人と交流しながら遊ぶソーシャルゲーム大手、グリー社長の田中良和氏は成長の舞台を海外と定めた。現在1億6千万人いる海外の会員をいかに増やすかが課題だ。。。』

サンリオ、楽天、グリーの三社は、それぞれ事業形態は異なります。共通点はソフトやITで事業をしていることと、海外市場に積極的に出ていこうとしていることです。

国内で力をつけて、海外市場で事業開拓するパターンです。ハードやソフトに関係なく、国内企業が目指すべき事業の方向の一つです。

サンリオの場合、ウォルト・ディズニーのミッキーマウスや、ムーミン、熊のプーさんなどのような世界に知られたハローキティを持っていることが強みになっています。

自社の直営店事業を止めて、キティの商標権の使用許諾(ライセンス)事業に特化しました。これは、キティの商標を使用する相手側企業からみますと、サンリオは直接競合する企業ではなく、完全にそのキャラクターを使用させてくれるパートナーになります。つまり、「Win/Win」の関係が成り立ちますので、店舗展開する事業者と良好な関係が出来あがります。

キティの知名度がさらに上がれば、当該キャラクターを使用したい企業が増えていきます。キャラクターのライセンス事業者として、合理的な考え方であり、将来、キティがミッキーマウスと同じように、世界中で使われるようになる可能性があります。

楽天とグリーは、顧客に商品の売買とゲームを楽しむ場を提供するプラットフォームをネット上で作る事業です。

顧客や会員数が増えれば、プラットフォームとしての基盤が強化されます。フェースブックのように会員数が世界中で増えれば、楽天やグリーは世界企業になり得ます。

当然のごとく、会員数が増えればその分だけ手数料などの収入が増えることになります。一般的には固定費負担が製造業ほど高くありませんので、売上が増えれば収益が向上します。ちなみに記事によると、グリーの直近の売上高営業利益率は、54%とのこと。

海外展開するには、海外事業に適した人材の育成が必要です。楽天が社内の公用語を全て英語に切り換えたのは良く知られています。英語にした理由の一つは、社員の思考方法なども国内だけでなく、他の海外地域でも通用するようなグローバル性を持ってもらうようにするためではないかとみています。

海外で通用する人材は、英語のような外国語を使えるだけでなく、各地域の実情や考え方を良く理解し、きちんとコミュニケーションが取れることが最低限の条件として必要です。

ソフト企業は、商社と同様に人材が会社の重要な資産であり、他社に差別化・差異化をつける重要な要因になります。

人材育成や強化を行いつつ、海外展開することが重要です。現在多くのITベンチャーが、楽天やグリーなどを目標に、米国のシリコンバレー、シンガポール、香港などで事業展開を行いつつあります。

今は小さい所帯で事業を行っていますが、拡大時には人材が必要になります。その時に備えて、人材の育成強化策を今から考え、計画しておくことも大事です。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

このコラムに類似したコラム

グローバル化時代の英語学習ITツール101その2 佐々木 良介 - ビジネススキル講師(2010/09/30 19:36)

【英語プレゼン】聴衆に道しるべを 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/02/04 11:00)

【英語プレゼン】プレゼテーションはプレゼント 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/01/27 11:00)

【英語プレゼン】プレゼンの質はコミュニケーションの質 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/01/19 11:00)

あがり症を克服する方法とは・・・ 三橋 泰介 - 研修講師(2013/11/20 15:46)