【イタリア時間】イタリアでの時間の流れ - 外国文化 - 専門家プロファイル

鈴木 美野理
代表取締役
愛知県
留学アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
奥村 美里
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【イタリア時間】イタリアでの時間の流れ

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国文化

 ■イタリアへ出張

 来月に入ってすぐイタリアへ1週間出張です。今回の目的はイタリアサッカー・セレクション(選抜試験)視察がメインですが、弊社からセレクション留学する方たちの応援、ワイナリー見学(ワイン・オリーブオイル鑑定士コースを扱っている会社)、新規ホストファミリーの面接とお宅拝見、提携校(語学学校や専門学校など)、提携チーム(セリエB~D)にご挨拶に伺うなどイタリア留学全般を専門としている弊社には多方面でやること盛りだくさんです。

 今回、セリエB(日本のJリーグと同じレベル)のアスコリというチームのセレクションが行われます。セリエBのセレクションなどなかなか観れる機会はありませんから私は今からとても楽しみにしています。


■イタリアでの交通手段

 「ヨーロッパの中でも時刻表が機能しているのはドイツだけ。」と言われるほど公共機関をはじめとする交通手段の時間の感覚が曖昧なイタリア。もちろん限られた時間の中で多くの仕事をこなさなくてはならない私にとって、それでは仕事になりませんからすぐレンタカーの予約を入れました。人に任せず、自分で行動するのが一番です。

 人に任せないと言って思い出すのが「信号」。イタリアは日本よりも信号機の数が全然少ないです。しかし事故も圧倒的に少ない。それはイタリア人は周りの状況をよく観ているからです。自分の命は自分で守る。綺麗な女性がいるとしっかり目で追うイメージがありますがそれと同じ。歩行者も車もよく見ていますね。

 逆に日本はイタリアに比べて事故が多い。信号機に頼って周りをよく見ていないのが日本人。信号機の数と事故の数は比例しません、関係ないということですね。重要なのは、自分の身は自分で守るということ。自分の身を信号機に預けているようでは事故は減らないでしょう。


■穏やかな時間

 イタリアへ行くと一日の時間が日本より3倍くらいゆっくり流れているような気がします。日本よりもゆっくりと穏やかに。一日がずっと長く感じる。それは海外でコンビニが普及しないのと同じで「急ぐ必要がない。」ところを見れば一目瞭然。そしてそう思う自分が日本人だからではないでしょうか。

コンビニは、日本人のために作られた、日本の生活に合わせて作られたもの。毎日せかせかと時間に追われるへクティックな日本人の生活。もともと物事の“過程”を大切にしていた日本の精神が、アメリカの“結果”主義を取り入れたところから始まるのでしょうか。過程を省いて結果を重んじる西洋の表面的な部分だけを取り入れてきた日本、今の教育システム、そして生活の中のかなりの比重がそれに影響を受けています。日本で最近よく耳にする「スローライフ」の言われは本来、こういったところからきているのではないかと思います。


 今後、このコラムでイタリアに関すること「イタリア人のメンタリティ」「イタリア流スローライフ」「イタリア人的発想」などなど、イタリアに関することを書いていきますので 今後とも皆さまよろしくお願い致します。

このコラムに類似したコラム

【留学準備】たくさん話したい? 鈴木 美野理 - 留学アドバイザー(2012/03/17 22:00)

TOEFL、IELTSでスコアが伸びず落ち込んでいるあなたへ。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2016/11/28 23:06)

人種差別 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/11/21 08:23)

「カナダに高校留学する意味」を見直す日 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/11/11 03:36)

カナダ・アルバータ南部 探訪 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/11/07 08:44)