証券金融会社 「十把一絡げ」の扱いになる、、、 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

萩原 貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長
大阪府
経営コンサルタント/起業家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

証券金融会社 「十把一絡げ」の扱いになる、、、

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修

 日経新聞でも、連日トップ記事になっている

 

AIJ投資顧問の2000億円消失事件。

 

なぜ、これだけのことが見過ごされてきたのか

 

すべてが不明。

 

 

また、小さい記事でしかないものの

 

大阪産業大学がデリバティブ取引で損失を負わされたと

 

野村証券に12億8千万円の損害賠償を

 

求めた裁判で、大阪地裁は2億5千万円の

 

支払い命令。

 

 

 

このようなことがあると

 

証券金融業界全体、他にもまだまだ

 

何かあるに違いない

 

となってくる。

 

 

金融業界は、十把一絡げ

 

に見られてしまう。

 

 

 

すると

 

証券金融業界は活動しにくくなる。

 

そして、また資金が循環しなくなる。

 

景気は浮上するきっかけさえつかめなくなる。

 

 

経済とか、政策とか

 

難しい話ではなく、

 

端的に

 

景気の向上や個人資産を拡大するためには

 

資金を動かさなくてはならない。

 

資金が動かなくてはならない。

 のだが、、、

このコラムに類似したコラム

金融の問題を あえて十把一絡げ、 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2012/07/15 06:12)