知的財産権についてのトピックス(11) - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

特許業務法人エム・アイ・ピー 代表弁理士
弁理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
福岡 浩
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

知的財産権についてのトピックス(11)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
知的財産権についてのトピックス2007
知財訴訟の審理がこの10年間で半分の1年にまでスピードアップしたということです
(読売新聞 11/19(月))

 特許権などの知的財産権についての知財訴訟が、請求から第1審判決までで、約1年程度にまで短縮されたということです。

 判決まで長期間かかる場合、費用や資料準備のための時間の問題など、特に中小企業では負担も大きくなる傾向にありますから、好ましいことです。

 ただし、知的財産に関連する紛争が頻発することは、双方の当事者の負担や、特許法の本来の目的などを考慮すれば、好ましいわけではありません。

 このためには、研究開発・新製品開発・ブランドネーム設定などの開始時に、充分知的財産権の調査を行うと共に、継続して権利関係のウォッチングを行なう姿勢が重要です。

 また、設計変更や商標変更などの負担などを考えて、許諾が不可避な場合には、前向きに実施・使用許諾の交渉を行うことも視野に入れ、事業計画を立案することが必要です。

 知的財産権というと、とかく損害賠償・差止めなど権利行使が注目されるものですが、知的財産権を、その権利行使の目的ではなく、自製品・自ブランド保護のためのフェイル・セーフの手段として捉え、特許出願・商標出願しておくこともよいでしょう。
 
 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁理士)
特許業務法人エム・アイ・ピー 代表弁理士

知的財産権をより身近にするサービス

知的財産について、化学(ナノテク)、機械、土木建築、制御技術、情報処理、ソフトウェア、ビジネスモデル特許などの分野でご希望・お困りの場合には、お気軽にご相談下さい!

カテゴリ 「知的財産権についてのトピックス2007」のコラム