買付証明書→譲渡承諾書→融資承諾 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー
東京都
不動産投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

買付証明書→譲渡承諾書→融資承諾

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
アパート経営 年金大家ノウハウ取得会

賃貸併用住宅の場合、銀行融資は一筋縄ではありませんね。

住宅ローンを組むにあたり自宅のみならば問題なけれど、賃貸併用住宅となると総額があがることもあり、銀行の融資判断も慎重になっている様子が伺えました。

いろいろな検討を重ねた上に、無事融資がとおったとの連絡があり、このオーナーさんの努力の成果も伺えました。

一つ一つ、試行錯誤を重ねることで、達成できることがあるのですね。

今回に関しては、珍しいことですが、買付証明書を提出後に、売主さんから「売渡承諾書」の送付され、売主さんもじっくりとこのオーナーさんの融資が通ることを待ってくれていました。

オーナーさんがこの土地に住みたいとの思いも先方に伝わったのだと思います。(珍しいことですが。)

土地の売買においては、仲介業者さん、売主さん、買主さんがお互いの譲れるところ、譲れないところを出し合い、売買条件を設定し、融資をクリアできたことが大きな工夫でした。

融資承諾、おめでとうございます。

さあ、次のステージですね。

賃貸併用住宅の建築です。

(3/11のセミナーは残り8席となりました。)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 不動産投資アドバイザー)
ランガルハウス株式会社 代表取締役 アパート経営アドバイザー

小さな事でも気軽に相談できるよう心がけています。

アパート経営では相談が出来ることが少なく、虎の子の自己資金を使い、住宅ローン以上の融資を負い、不安が多いものです。小さな心配事を一つ一つ解決することが大事で、何事も気軽に確認し、入居者が快適に生活できるアパート経営を目指します。

カテゴリ 「アパート経営」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

セミナー 500万円からの年金対策・自宅&アパート経営術追加講演

年金政策が不安定な今だからこそ、自宅の取得前に工夫が必要です。すで自宅の買い方が変わり始めています。

料金
4,762円

年金政策が不安定なこの時期だからこそ準備しておくべき事をお伝えします。実際に500万ではじめられた人の事例等を特に自分は出来ないと思っている人に伝えたい、そこに可能性が眠っています。

500万円からの年金対策・自宅&アパート経営術追加講演

このコラムに類似したコラム

無事に賃貸併用住宅の地鎮祭が執り行われました。 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2012/06/26 18:00)

3/13(木)賃貸併用住宅セミナー(丸の内JPタワー)残り13席です。 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2014/02/27 09:00)

3/13(木)丸の内・賃貸併用住宅セミナー 残り2席です。 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2014/03/08 06:00)

第11回年金対策・アパート経営セミナーのお知らせ 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/09/02 08:00)

新アパートオーナーの不安(土地、建物、融資、空室) 大長 伸吉 - 不動産投資アドバイザー(2013/03/09 11:20)