ベランダ設置タイプの地デジアンテナ お勧め3 - 住宅設備全般 - 専門家プロファイル

松本 秀守
代表取締役
住宅設備コーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ベランダ設置タイプの地デジアンテナ お勧め3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 住宅設備全般
地デジアンテナ事情
今回は、前回お勧めしましたマスプロ製LS5について
何故にお勧めなのかをお答えします。

まずは結論から
『他のベランダ向けアンテナより受信レベルがかなり高い』

現在までの工事実績から、他のアンテナでは受信でき

ないにも関わらず、LS5では受信できたケースが非常に多く
職人の間では「いざ鎌倉」ならぬいざLSという思いが
あります。

実はこのLSは、「ラブストーリー」という商品名で
以前から販売されており、高い実績を誇ってきました。
(Love Storyとアンテナと、関連性は何もありませんが・・)

受信するチャンネルを※a ローチャンネル(Lo)に限定させ
電波塔から遠い地域や、受信状態が思わしくない地域
では、このLSは絶大な力を発揮しています。


ある地域の方が、周りに一軒もアンテナを建てている
家が無いにもかかわらず、だめもとでLS30という
商品を設置しました。

結果は何の問題もなく受信でき、それを伝え聞いた、近所に
お住まいの方々がこぞってケーブルテレビを解約しLS30を
設置しました。
結果、その地域のほとんどの家の屋根上にはLS30が
設置されているという実話もあるほどです。


この職人泣かせ(喜びの涙ですが)のLSシリーズ
ベランダ設置タイプで発売となった訳ですから、受信
状態は「優」となるでしょう。
しかも※b 素子で14素子に相当する性能ですからもうこれ以上
ないとも言えます。



※a・・・アンテナの周波数帯域で、他にオールチャンネル(All)
があり、All=13〜62ch、Lo=13〜44chとしています。
地上デジタルはローチャンネルの帯域を使用して放送
されます。
※b・・・アンテナのエレメントの数を指しています。
詳しくは弊社ホームページのテレビアンテナ工事用語集
ご覧下さい。