リタイヤしてからの家造り - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リタイヤしてからの家造り

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅

以前から書こうと思っていた、テーマの連載を始めます。
年代別の家造りです。
家を造るにはテーマが必要です。もちろん、主人公はお施主様ですが、漠然と間取りを描いてしまうと、建売住宅の様な平凡な間取りになってしまいます。
この写真の家のお施主様は、北海道で定年を迎えられ、単身で生活されていたお母様と同居する為、大阪に戻って来られました。
子育ては終えられて、後は趣味三昧の生活に特化された家を造られています。家族の気配が何処にいても判る様に、吹き抜けを設けられ、一階のリビングと二階のサブリビング(ご主人様のホームシアター)が一体の空間となっています。
吹き抜けを造ると光熱費が嵩むのではと、当初心配しましたが北海道で生活された経験を活かし、安価なグラスウールでも充分次世代省エネ基準を満たす家造りとなっています。
http://kawak.jp/
このURLはお施主様のブログです、リタイヤしてからの家造りについて書かれています。
住まい後の光熱費の変遷も記録されています。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

男の趣味室・2 大塚 泰子 - 建築家(2015/12/11 20:00)

NPO横浜市まちづくりセンターに参加 三竹 忍 - 建築家(2015/10/24 14:58)

新しいプロジェクトが進行中です! 松永 隆文 - 建築家(2013/09/25 18:29)

ゼロエネルギー住宅 福味 健治 - 建築家(2013/06/06 07:51)

フラットバーの手摺 松永 隆文 - 建築家(2013/05/31 17:29)