風水の見方について(4) - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

東京都
インテリアコーディネーター
03-5311-7057
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

風水の見方について(4)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
風水の見方について

風水で見る家と体の関係



以前、風水を知るシリーズの《体と住宅》で書きましたが、
もう少し詳しく説明いたします。

自分の寝室を思い出してみてください。
うるさい、明るい、落ち着かない、散らかっている、電磁波の影響など
があったら気持ちよく寝られません。
静かで、暗幕カーテンで光を遮断し、落ち着いた色合い(柄の無い)、
寝具が清潔で、好きな絵や物があり、一日の疲れが取れる空間になっていますか?
ゆっくり眠れる環境にあるでしょうか?
人間寝ている時がもっとも無防備になりますので、
風水では寝室を一番重要視しています。

家と体の関係は…


寝室→心臓  命の源ですから、熟睡できる環境を整える事です
リビング→肝臓  家族の集まる場所ですから、雰囲気を良くします
ダイニング→胃腸 美味しく食事をするには明るい色合い丸いテーブルにしましょう
キッチン→心臓、小腸 味覚、舌に影響するので、コンロ周り、排水口はきれいにします
トイレ→腎臓、泌尿器系 いつも清潔にし、まめに掃除します
廊下→気管支 光が入り、風通しを良くする作りにします

その他に
子供部屋→成長 テレビなど置かない 朝、きちんと起きられるように
書斎→思考決断なので前頭葉 机の向きが大切
天井の高低→呼吸 2m60cm以上が望ましい ただし寝室は2m40cmまで
デザイン→感性 基本的にはシンメトリー(左右対称)
壁紙→皮膚、呼吸 肺にも影響があるので、カラーも素材も安全性も大切

体と環境の大切さを知っていただいたでしょうか?

次回は脳と環境についてです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / インテリアコーディネーター)

五感に響くインテリアデザイン。風水で楽しいライフスタイルを

氣の流れは大切です。風水を科学的にとらえ、五感に響く豊かな環境作りのお手伝いをします。風水を取り入れ環境ストレスを解消し、住まう人の願いを叶える家や職場にします。“心地よい住まいづくり”をしましょう。

03-5311-7057
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「風水の見方について」のコラム

風水の見方について(10)(2008/10/15 12:10)

風水の見方について(9)(2008/06/05 19:06)

風水の見方について(8)(2008/05/13 23:05)

風水の見方について(7)(2008/03/04 19:03)

風水の見方について(6)(2008/02/06 17:02)