ちょいと籠もれるお部屋 - 和風住宅 - 専門家プロファイル

有限会社ノアノア空間工房 代表取締役
東京都
建築家
03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ちょいと籠もれるお部屋

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 和風住宅
住宅設計の極意

今回は「DOMA HOUSE」より、ちょいと籠もれるお部屋をご紹介します。

こちらの畳敷きの部屋に行くには一段下がった土間の飛び石を渡り、玄関エリアを通って行かなくてはなりません。そう、忙しい私たちにとってそれは不便で面倒なことかもしれません。かつて茶室がそうであったように、あえてそのようにすることに意味があります。それは日常の世界から少し離れる場所、時間が人にとって大切だからです。障子を閉めれば柔らかな光が部屋を包み込むばかりではなく、また襖や板戸とは違って、影が透かされるスクリーンなので籠もっても完全には孤立せず周囲とも謝絶する感じがありません。

こんな畳の上で誰にも邪魔されずごろんと横になり物思いに耽ったり昼寝をしたり本を読んだり、、、。一戸建て住宅ならできるメリットです。

noanoa 

yasuko OHTSUKA

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
有限会社ノアノア空間工房 代表取締役

雰囲気、空気感―目に見えないものを、建築という“形”に

毎日何かを感じたり、気づいたり、安らいだり――あなたが自然体でいられる空間を作ることが私の仕事です。素敵な詩や写真、絵に出会ったときのような、わくわくする世界が感じられる建築を作っていきたい。それが私の目指す「建築」です。

03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅設計の極意」のコラム

門扉デザイン2(2015/12/26 06:12)

吹き抜けを楽しむ(2015/12/25 06:12)

デザインバスルーム1(2015/12/24 06:12)

このコラムに類似したコラム

50代からの家づくり 志田 茂 - 建築家(2012/08/28 20:15)

何から始めればいいの?家づくり「賃貸VS所有」 奥山 裕生 - 建築家(2011/08/26 14:23)

5月の「理想の家」勉強会 富樫 孝幸 - 建築家(2011/04/16 19:12)

1月の失敗しない家づくり 富樫 孝幸 - 建築家(2010/10/27 16:36)

失敗しない家づくり 富樫 孝幸 - 建築家(2010/09/02 18:20)