人は弱いからちゃんとした人になれる【第2章-4】 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人は弱いからちゃんとした人になれる【第2章-4】

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
部下へ贈る言葉の花束

人は弱いからちゃんとした人になれる【第2章-4】




 「あっ、ごめんなさい」
 「きっといいデザインするんだろうね」

 と、美咲の言葉を受け流して、中村さんは言った。

 「えっ、そんなことありません。だって、今は・・・」

 言葉をつまらせる。
 
「だって、優しいじゃない。優しくないとデザインはきな臭くなるからね」

 美咲は目を細め、唇を噛んだ。
 小さい頃好きだった「優しい」という言葉は今、
 美咲にとって褒め言葉ではなくなっている。

 「わたし、優しくなんてありません。
  さっきだって、もっと何か言い返せばよかったんです。
  弱いだけなんです。そんな自分があまり好きじゃないし・・・」

(何、言ってるのわたし)

 美咲は、自分がこぼした言葉に驚き赤面した。
 中村さんは、それから黙ってしまった。

 電車は規則正しい音をたて進み続けている。
 部長が予定を変更して会社で待っている。
 茜色は薄れ、闇が街に降りようとしている。

 ビルの側面や屋上にあるいくつものネオンが、
 けたたましく輝き出していた。
 美咲は爪を噛み続ける。

 何か会話をつがなければと、心が急げば急ぐほど、
 適切な言葉は喉の奥に隠れ出てこない。

 すると、誰かが右肩をたたいた。
 横を向こうとすると、目の前に予定の書かれていない空白だらけの
 手帳が見開かれていた。

 そこにはたった今、
 走り書きしたような文字でこんな言葉が書かれていた。


 「人はしばしば、弱いことからちゃんとした人になるし、
  臆病なことから大胆な人になる」*1
 

 中村さんの顔を見た。何も言わず、笑っていた。
  美咲は下を向き、顔をあげられなくなった。

 涙があふれている。

*2
*1『箴言と考察』(著 ラ・ロシュフコオ 岩波書店)*2この物語はフィクションです。 登場する人物名・団体名等は実在のものと一切関係ありません。