アドバイスより物事の本質 - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

西田 淑子
サクセスインサイド・コミュニケーション 代表・コミュニケーショントレーナー
大阪府
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アドバイスより物事の本質

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

出かけるときの服のコーディネートに納得がいかないと、人目が気になり、気分の良いものではありません。特に若いときはそうでした。

出かける前に鏡の前で、気に入らない顔をしていると、おばあちゃんはこう言いました。
「誰も見てへん、でももし、変な服、って言ってくれたら、見てくれてありがとう、って言っとき」。
すごいコメントです。

「気にするな」とアドバイスする代りに、「誰も見てへん」と事実をずばりと言ってます。それから、もし知らない世間の誰かが、私に注意をしてくれたら、それは、注目に値するほどのことだ、と見方を変えてくれています。

私たちは人目を気にすることで、社会生活を実現し維持してきました。そのことを、過剰に反応し、ちょっとしたことまで、恐れてしまうことがあります。

自分の小さな恐れでも、気にしすぎると、物事の本質が分からなくなります。つまり自分のことしか見えなくなり、自分のことしか考えられなくなります。これは、一方では自分を守ろうとする働きでもあります。

客観的には危険にさらされる可能性がほとんど無いにも関わらず、安全な状態にずっといると、ちょっとした事でも、過剰に反応してしまいます。物事の本質を見るには、客観的な立場から見ることです。

自分自身を客観視するには、少し練習すればいいでしょう。そうしなくても、友人や知人は、あなたを常に客観視しています。同時にあなたは、友人や知人をいつも客観視しています。ですから、友人や知人が気にしすぎていることがあれば、あなたには、物事の本質が良く見えているでしょう。

「誰も見てへん」と、物事の本質を私に伝えたうえで、気にするか気にしないかは、私の選択ですので、どうしろ、とは言わないのです。その代りに、もし心配するようなことが起こったら、それはどう考えたら、良い気分になれるか、という考え方の方向性を示してくれたわけです。

気にしていることについて、実際にはどうか、考え方の方向を変えたらどうか、ということは、とても誠意あるアドバイスです。

このコラムに類似したコラム

次女の力作、にゃんこ先生。 喜多見 明日香 - パーソナルコーチ(2012/07/27 05:26)

日本の若者へ “Be Brave” 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/10/10 18:45)

「決める」について考える 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/08/08 12:54)

キャリアを積むうえで大切な事とは? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/02/26 19:00)

目標と目的の違い 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/12/28 10:00)