花粉症と鍼灸治療 - 心と体の不調全般 - 専門家プロファイル

日色 雄一
傳統醫學硏究所 日色鍼灸院 院長 医学博士 世界医学気功学会理事
神奈川県
鍼灸師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

花粉症と鍼灸治療

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 心と体の不調全般

鍼灸治療の「双向性」

 鍼灸治療の優れているところがあることです。「双向性」とは血圧が高い人に鍼灸治療をすれば血圧が下がり、血圧が低い人に鍼灸治療をすれば血圧が上がります。つまり、身体が自然に反応してくれるのです。

 鍼灸治療を通して自律神経系統の調整を促し、内臓機能の回復を助けることで花粉症による症状が少しずつ改善していくのです。ただし、治療は補助と考えるべきです。夜更かしや冷たいものを食べたり、飲んだりすることで体温が低下すれば内臓機能は必ず衰えます。気温の低い所にいると指先が冷え、感覚がなくなります。内臓でも同じことが起きると考えるべきです。全ての疾患も同じですが、生活習慣を見直さない限り改善は難しいと言えるでしょう。

「特殊鍼法」よる治療

 そうは言っても、今ある症状を何とかしたいところです。当院では通常の鍼灸治療に加え、「特殊鍼法」による治療を行っています。花粉症だけでなく、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎に著効を奏します。副鼻腔炎を発症し、普段より抗生物質を飲み、数回の手術をしても再発する人が、完全に薬を離脱するまで回復することも少なくありません。

 ただ、「特殊鍼法」は少し痛いです。それでも治療をご希望の方はお申し付けください。

 中には「鼻と目の奥がすっきりして気持ちがいい!!」という方もいます。感じ方は人それぞれ異なる、ということだけ最後に付け加えさせていただきます。

このコラムに類似したコラム