緩やかにつながる個室 - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

緩やかにつながる個室

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
光が丘のカリンハウス
寝室や多目的に使われる部屋など、個室たちの様子です。
(左が寝室、右が多目的室、この他にウォークインクローゼットがあります。)

花梨庵では、家全体の仕上げが同じ・引戸で区切られていることから、戸を開け放つと部屋同士が緩やかにつながり、一体となった空間になります。いわゆる「個室」という印象ではあまり無いかと思います。
この効果により、それほど面積的に広くない部屋でもゆったりと感じられ、家中どこにいても狭さを感じることはありません。家を広く感じる工夫の一つですね。

右の写真に見える木製ガラリ戸は、この窓を通して外から中が覗かれやすいことから、「日射しは期待しないが、外部からの視線を遮り、風を通したい」というクライアントのリクエストから考えて作りました。
ガラリの隙間からほどよい風が通り抜けて気持ち良いですし、インテリアとしてもアクセントになりました。
なお、泥棒が簡単に入れないよう、カギがかけられるようになっています。

この家の窓辺は全体に、クライアントが選んだ手紡ぎのカーテンで飾られています。
素朴で、繊細な光と風の揺らぎを感じさせてくれ、花梨庵の空間にとても調和しています。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のカリンハウス」のコラム

テレビを置かない生活(2007/11/11 00:11)