不動産を購入するべきですか?■ - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産を購入するべきですか?■

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般

ちょっと気になる話
~ライフとマネーのQ&Aから~

■不動産を購入するべきですか?■

■【不動産購入のご相談】

夫40歳、妻30歳、子供は現在はおりませんが、
将来は1人から2人欲しいと思っています。
世帯年収は約1,500万円です。
貯金は約6,500万円あります。

現在は家賃20万円
(都心2LDK、80平米、駐車場込み)
の賃貸住まいです。

実家が都心にあり(土地230平米、築60年)、
将来(約20年以上先)は相続する予定です。
(現在は1/2を所有)

このような状況で、現在の賃貸に代わり
新たに居住用の不動産を購入すべきでしょうか。

アドバイスお願いします。

■【 CFP伊藤からのコメント 】

こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。
ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

家賃20万円×12月×20年=4800万円になります。

都心2LDK、80平米以上のマンションを6000万円
で購入の場合、20年後に半額になっても
(こんなには下がりませんが)
3000万円の支出で済みます。

さらに、貯金約6,500万円を普通預金に入れ、
同時に6000万円の住宅ローンを組むことにより、
利息0で借りられる預金連動型住宅ローンを
利用することができます。
(もちろん普通預金は自由に出し入れできます)

この場合、住宅ローン減税で10年間税金を
毎年30万円取り戻すこともできます。

FP知恵の木では、少子高齢化時代の資産形成について、
毎週無料メールマガジンを配信しています。
よろしかったら、この機会にぜひご登録ください!
http://www.chienoki.com/seminar06.php

このコラムに類似したコラム

@NEXT SenSEマガジン[vol.7]より(バックナンバー)1/2 尾野 信輔 - 不動産投資アドバイザー(2010/10/26 15:04)

@NEXT SenSEマガジン[vol.4]より(バックナンバー)2/2 尾野 信輔 - 不動産投資アドバイザー(2010/10/06 09:00)

週間ランキングで1位! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/05/17 19:00)

サラリーマンにマンション投資は向かない??? 【その1】今は買い時か?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/03/01 18:00)

不動産市況が好調なのは、アベノミクスの恩恵でしょうか 巻口 成憲 - 不動産投資アドバイザー(2014/12/08 17:19)