日本国債が海外で低評価を得た際の円安と対応 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本国債が海外で低評価を得た際の円安と対応

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

前回まで、国債価格が下落する=金利が上がる≒インフレ率があがる、お話をしました。
では、国債価格が急激に下がると、通貨としての円はどのようになるのでしょうか。

国債を海外で購入してもらう際に、現在の価格が1ドルであった場合に、0.8ドルでしかし販売できなかったとします。これは、日本政府の徴税能力、在世改革の姿勢に信認が得られていないことを示します。現在の1ドルは約80円ですから、日本国債の価格80円が0,8ドルにしか評価されませんので、80円=0.8ドルであれば、1ドルは100円となり、25%近くの円安です。
このように国家に信認がなくなると国債の暴落が自国通貨の価値の暴落に繋がります。

では、どこの通貨をどのような形で持てば良いのでしょうか。一つは外貨預金ですが、私は、外貨預金よりも外貨MMFをお勧めします。

理由は、円安への対応ですので、外貨MMFは為替差益に税が掛らない、銀行の為替手数料よりも証券会社のものが安い(半額の例が多い)、率が高い、信用リスクは低いなどからです(本件は別にコラムを建てます)。

では、どこの通貨を選ぶのかですが、このケースの場合には、日本円に対してどこの通貨が高く為るかは不確実ですから、分散されるようお勧めします。
対象は米ドルとユーロ、そして資源国通貨である、豪ドル、カナダドルと考えます。もし、世界最強の通貨を求めるのであれば、日本ではなじみが少ないのですが、スイスフランです。これらを対象として、米ドルとほかに2通貨を検討されるよう

文責
ファイナンシャル・プランナー
&投資アドバイザー 吉 野 充 巨

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

外国債券を対象とする投信のヘッジありの扱い 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/16 16:00)

ドル高・株高・債券高のトリプル高、実は反動が怖い。 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/19 11:14)