融通が利くところと利かないところ~将来型はこうする(6) - コラム - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

融通が利くところと利かないところ~将来型はこうする(6)

- good

将来型はこうする

こんにちは。

将来型会計事務所LBAの岸井です。

雨は久しぶりな気がします。
全く降らないか、降ったと思ったら雪でしたからね。

寒いですが、乾燥の解消になるから良しとしましょう。


さて、日本人は全般的に情報にお金を払いたがらない傾向にあるようです。

かく言う私も、そういう傾向がないとは言えません。
「情報商材」とか、悪いイメージ先行しますし。 


しかし、仕事をしていく上で、他の専門家と色々な連携をして進めていくことが増えてくるにつれ、

情報には金額以上の価値があることが多いと気付きました。


自分たちで調べてやれないことはないのですが、
クライアントさんに効率よく高品質のサービスを提供しようと思うと、
提携している専門家に聞いたり お願いしてしまった方が良いのです。

時間と手間を省けるということは言うまでもないことですが、
その分野にいることによる経験・情報が、
調べながらやるというもので得られることをはるかに超えているのです。 


日本では、本音と建前を使い分けています。

業務においても、一応こういう風に記載されているんだけど、
実務では別の方法でやることが黙認されていて・・・

なんていうことが多々ありますが、
自分で本読んで調べても「本音」は書いていないのです。


会計や税務の世界でも、もちろんあって、
融通の利く場面、本当にダメな場面、あるのです。

事業を大きくしている人ほど、抱え込まずに人に依頼されています。
人に任せることのできる人ほど、任せられることが増えるということでしょうか。
 


ということで、「これは任せろ!」ということがある方からのご連絡お待ちしております。
一緒によい仕事しましょう! 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「将来型はこうする」のコラム

このコラムに類似したコラム

立春を迎える前にメンテナンス 栗原 那桜 - キャリア研修コンサルタント(2015/01/28 14:14)

良い事のみならず悪い事も予め開示する心! 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2014/10/29 11:00)

サイトの目的について感じる事 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2014/10/24 12:00)

「マネーくまちゃん」がお金の知識を教えてくれる!? 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2014/04/30 18:55)

住宅ローンの情報&相談サイトを開設しました 藤 孝憲 - ファイナンシャルプランナー(2014/03/28 19:40)