消費税と今後のシナリオ - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

消費税と今後のシナリオ

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

最近は、消費税を+5%上げるのか、上げないのか
という議論が話題です。

今の公的年金や医療保険の制度を維持するためには、
消費税の増税は、必要な措置かもしれませんが、
果たして、+5%で足りるのでしょうか。

消費税1%あたり、年2兆円から2.5兆円くらいの税収が見込めるようですが、
仮に、年10兆円~12.5兆円増えたとしても、到底足りないように思えます。

今や政府の借金は、1年間で100兆円も増える状態です。

100兆円という数字は、天文学的な数字で、
イメージがつきにくいですが、分解すると、100万円の1億倍です。

日本の労働力人口は、6497万人(2011年12月時点)ですから、
尋常な増え方ではないことが分かります。

そこで、生活者は、どう考えるべきかです。

おそらく出口のシナリオは、こんな感じになるのではないかと思います。

「このまま、消費税を上げる、上げないと、もめているうちに、
日本国債の格付けがさらに下がるなどして、金融危機が起こり、
おしりに火がついたところで、初めて、大幅な増税、年金削減などを実施する。」

「あるいは、今の段階で、将来を見越して、消費税を+15%以上に。
合わせて、年金支給開始年齢の大幅な引き上げなども実施する。」 

個人的には、前者のシナリオになる可能性が高いとみています。

あとは、国家公務員の人件費2割削減もいわれていますが、
仮にこれが実施できても、年1.1兆円程度しか捻出できないそうですから
大きな効果は期待できません。

したがって、くらしを守るという観点からは、政府には、もはや依存できない
という心構えで、家計の管理をしていくことが大事です。

前にも書きましたが、日本政府と日本国民は、別もので、日本国民の方は、
いまだに世界的なお金持ちです。

日本政府には、もはや打つ手がほとんどありませんが、日本国民の側には、
いくらでも打つ手が残されています。

私も、日本国民が、助け合いの心を持って、知恵を出し合えば、
必ずやこの危機は乗り切れると考えています。

今の段階なら、まだ打つ手は多いので、ぜひ一緒に次の一手を考えていきましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

変わる年金制度、私たちの家計にどう影響する? 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/28 05:00)

消費税について考えてみましょう 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/30 18:04)

今年の漢字は『税』 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/16 17:56)

『老後の備え不足』6割超 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/06/06 09:42)

臨時福祉給付金または子育て世帯臨時給付金が7月より申請受付開始されます。 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2014/06/01 09:37)