処方の変更について - 心の病気・カウンセリング - 専門家プロファイル

医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
宮城県
院長・医師
0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
以前、頂いたご相談で、「うつ病と診断されて心療内科で最初はトリプタノールを処方してもらっていたのですが、病状が悪化してアモキサンを飲み続けています。でも、なかなか回復せず一週間前からジェイソロフトに変えてもらいました。」と言った内容のものがありました。内容は一部省略しています。
ここで一番大切なのは、ジェイゾロフトへの切り替えの仕方です。
文面をみると急に変えてもらったような印象ですが、本当にそうであれば、製薬会社のMR(情報を病院に持ってくる人たち)さんが勧めている方法とは違ってくるのです。
特にジェイゾロフトは、はじめは元の薬に1錠追加と言う形で出して、徐々に量を増やすと共にもとの処方薬を減らす。そういう出し方をMRさんから言われています。それは薬の効果を最大限に発揮すると共に副作用などを防ぐと言うこともあるのです。
患者さんである皆さんも、きちんとこういったことを知っていくことが大切です。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(宮城県 / 院長・医師)
医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ

「摂食障害の相談室」を運営中。無料でメール相談に応じます

精神障害を克服するには、生活の改善、人間関係の改善が欠かせません。「自分をどう変えていくか」。それは患者さんの努力や周りの協力も必要ですが、まずはメールにてご相談ください。当院は入院治療も、経験豊富な看護師、管理栄養士とともに行っています。

0229-22-1190
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。