【旅館再生:考】 脱連泊② - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

伴 智之
コンセプト創造研究所 代表
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【旅館再生:考】 脱連泊②

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般
旅館経営 【旅館再生:考】

脱連泊①の続き。

当サイトの検索キーワードに『連泊』が多いので、続編を。

結構みなさん『連泊』というキーワードに、興味があるようですね。


前回(リンク)は連泊の意味を考えてみよう、といった内容でした。

今回は、『では、どうするか』 を考えてみたいと思います。


『連泊』

それは 1泊+1泊+α という事です。


例えば、

1泊 = 地酒の3種を味わう酔っ払いプラン



1泊 = 温泉旅行なら喜ぶ奥さん向け記念日プラン


計2泊。


では、この組み合わせは連泊プランと言えるでしょうか。

旦那さんが満喫する1泊目と、旦那さんから奥さんに送る2泊目

一見よさそうですが、なかなか売れないこの連泊プラン。

なぜでしょうか? プラン内容が悪いから?


基本に立ち返りましょう。

1泊のプランを作るときに考えるプロセスだと、

(1) 宿が何をできるか?

(2) その対象は誰か?

(3) その対象は何を欲するか?

(4) ・・・・


最低でもこういう基本プロセスはあってほしいのですが、、、あったとしましょう。

1泊2日の滞在時間20時間程で、どう過ごしてほしいとか、どう過ごすと良いとか

色々な思いはあると思います。

その思いを1泊2日の宿泊プランの形にする訳ですが、2泊となると

なぜか急に変わってしまうケースが多いようです。

前回のブログで2泊は1泊+1泊と載せてしまったために、一部勘違いされた方が

いらっしゃるようなので、捕捉させて頂きます。


前回の内容を簡単に言うと、

1泊プランを極めてないのに、2泊プランをやる必要ない。


という事でした。


1泊プランも2泊プランも、プランを作成する上での工程は一緒です。

ただ、20時間の過ごし方44時間の過ごし方は大きく異なりますので、

売れる方はどちらかという事で考えると、1泊プランを極めるべきです。


どうしてもというのであれば、周辺観光との連携をお考えください。

よくある、『チェックイン時にパンフレットを渡して歩き回らせる』じゃありません。

連携です。連携。


たまに、『何もしない3日間』という、○Zマガジンのようなカッコいいタイトルを

見かけますが、このタイトルだけでは苦戦するようです。

私の経験からも2泊3日を過ごそうというお客様は、『何もしない3日間』

を望んでいなく、『何か有意義に過ごす3日間』が多数派であります。

『何もしない3日間』という狭小カテゴリーに行くこともありですが、

1軒のお宿で2泊3日だけでも十分狭小です。


まずは1泊を極めましょう!

本ブログは当社公式ブログで2011年12月24日に公開されたものです。

↓↓↓ このブログ繋がりでおススメのブログはこちら ↓↓↓

【旅館再生:考】 分からない事があるならプロに聞こう!

【旅館再生:考】 旅館の売店のあり方③


コンセプト創研ブログ3-2.jpg
863.jpg

このコラムに類似したコラム

新たなチャレンジ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/01/14 10:59)

脱インターネット活用 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/11/10 09:31)

歴史の重みとブレない創業者理念 中沢雅孝 - YouTube専門コンサルタント(2014/07/21 22:32)

起業を進めるために 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/04/21 06:42)

ありそうでない 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/02/18 07:17)