【旅館再生:考】 『○○だから』集客できる論 海老名SA編 - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

伴 智之
コンセプト創造研究所 代表
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【旅館再生:考】 『○○だから』集客できる論 海老名SA編

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般
旅館経営 【旅館再生:考】

東名高速道路にある日本最大のサービスエリア

海老名SA

以前からほぼパンク状態であったが、拡大拡充してリニューアルオープン(リンク)した。

海老名SA外観.jpg
(外観)

海老名SA内部.jpg
(内部)


まだ私は訪れていないが、オープン映像などを見るとほぼ駅チカレベルに

なっている。

『1.5日分のマイパートナー』コンセプトに、

「食べたい・欲しい」といったニーズだけでなく、帰宅後や翌日のニーズまで

にもお応えできるサービスエリアを目指しています」
、ということだ。


ここで考えなくてはいけないが、『1.5日分』という部分だ。

『1.5日分』とはなんであろう?時間数でいうと『36時間』

『36時間』というと、『朝9時頃出発して、翌夜8時ころ到着する』のと同じ。


それって、、、、

なんとびっくり、

『1泊2日の旅行』なのである。

海老名SAはこの施設の中で、1泊2日の旅行需要を獲ろうとしているのである。


どのように獲るかは、ここでは横に置いておいて

東名高速道路上にある観光地へのダメージは計り知れない

今回の海老名SAだけでは、大きなダメージに見えなくとも、

これは既存構造破壊(改革)の一歩である。


1980年代中頃、スーパー銭湯が登場したのを思い出してみよう。

当初、多くの旅館経営者は『銭湯に毛が生えた位の存在』にしか思っていなかった。

それは、『事実として、スーパー銭湯のスペックが劣っていた』という事と、

『お客様は1泊2食の温泉旅行を望んでいる』等の既存概念を基に考えていなかった。

しかし、市場の反応は刻々と変わってきて、90年代中盤頃には

スーパー銭湯 = 温泉 が定着するに至った。


定着前は、『銭湯に毛が生えた位の存在』と言い、

定着後は、『街中だから集客できる業態』と言い、

更に今では温泉街に直接進出されてしまい、『スーパー銭湯だから集客できる』

言い方は変われども、首尾一貫している。


それは『○○だから』ということ。


現実に目を向けることができて、初めて同じ舞台に立てるのです。

海老名SAは現実を直視し、当たり前のことを当たり前に考えてやっているだけなのです。

海老名SAは奇天烈なことをしてはいません。


しっかりとしたコンセプトを創造して、それを具現化させているだけです。

『海老名SAは、1日に2.5万人もくる施設だから、、、、』はもう止めましょう。

『海老名SAの先にあるSAの後ろはそういえば、、、、畑だったなぁ。。。。』って思いませんか?


やっぱり、コンセプトがしっかりしていると気持ちがいいものですね。

本ブログは当社公式ブログで2011年12月16日に公開されたものです。

↓↓↓ このブログ繋がりでおススメのブログはこちら ↓↓↓

【旅館再生:考】 インバウンドの近未来②

【旅館再生:考】 嘘つき名札だらけの居酒屋


コンセプト創研ブログ2-1.jpg
95%.jpg

このコラムに類似したコラム

国内動画広告市場に関する調査結果 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/11/16 09:51)

ウエアラブル機器市場に関する調査結果 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/09/23 09:29)

世界タブレット端末市場に関する調査結果 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/09/13 09:57)

国内FinTech市場に関する調査結果 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/09/06 10:59)

PaaS/IaaS 市場に関する調査結果 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/08/09 10:58)