【遺産型旅館1.0】 ④余暇は知らなくても余暇(よか)? - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

伴 智之
コンセプト創造研究所 代表
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【遺産型旅館1.0】 ④余暇は知らなくても余暇(よか)?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般
旅館経営 【旅館再生:考】

今回の東日本大震災を機に色々なものが変わった。

価値観というと広すぎるが、人生観、仕事観、お金観、家族観

並べたらきりがない。


私の周りの人と話しても皆一様に何か変わった。

それはひとそれぞれバックグラウンドが違うので変わり方や

変わった部分は異なるが、自分の人生に何かしら影響を

与える変化を体験している。


旅行業を取り巻く価値観にも変化は訪れている。

それだけでブログ2回分になってしまうので、それはまた後日。


この価値観の変化に既存旅館の多くは気付いているだろうか。


恐らく気付いていない事だろう。

なぜそう言えるかというと、

残念ながらこの変化の前を知らないからだ。

変化の前を知らなければ、変化をした事すら気づけない。


では、なぜ変化の前を知らなかったのだろう。


旅館ホテルでいうとお宿の経営者は、お客様と普段接している時に

お客様から感じるところが大きい。

得られる(感じる)ものが大きい分、そこに満足してしまいそこから

先にあるお客様の背景や持っている価値観などには目を向けない。

あくまでも、

『お宿はお宿の立場から』、『お客様はお客様の立場から』

を貫く。


貫くことによって深く感じられるという方もいるが、私は異論を呈す。

お客様にとって、『旅行なんて所詮遊び(=余暇)である』

『遊び(=余暇)を知らない者が、遊びを語る事が出来るだろうか』


旅館ホテルの経営者の多くは、年間365日24時間営業を行っている。

まるで脱サラしたセブンイレブン店長の様だが、まさにそれである。

517PW236WCL__SS500_.jpg


も関係なく、お客様から頂く

各種温かいお言葉の数々

最近ではよく会社組織にして効率よくと言われるが、

組織にしても旅館ホテルには現場レベルでは解決できない事は

ごろごろしていて、結局のところ経営者の出番は多い。


そんな日々を過ごす、旅館ホテル経営者は凄いなと思うが、

そこは一方で残念な部分でもある。

『遊び(=余暇)を知らない』のである。

表現に語弊があるとすれば、『遊ぶ余裕が無い』のである。


それが現実。


平日にお泊りになるお客様はどんな土日を過ごしているのでしょう?

いつも日曜日の夜に家族連れでやってくるお客様は?

チェックインが3時と言うのにいつも12時頃到着するお客様は?


どれもこれも『何かしらの理由』があります。


お客様が『お宿に泊まる(遊びに来る)理由』はなんでしょう?


『余暇は知らんでもよか(余暇)』とか言ってませんか?


続きは旅館2.0で。

本ブログは当社公式ブログで2011年11月6日に公開されたものです。

↓↓↓ このブログ繋がりでおススメのブログはこちら ↓↓↓

【遺産型旅館1.0】 ②集客に困ったら ⇒ 施設改修?

【遺産型旅館1.0】 ①1泊2食で成り立つ旅館商売


whatisyourconcept.jpg
higasi-1.png

このコラムに類似したコラム

IT Japan 2013のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/06/28 16:17)

ファンドは あくまで手法です! 萩原 貞幸 - 経営コンサルタント/起業家(2011/11/29 09:35)

経営者の悩みを正直に解決します 鈴木 栄美子 - ビジネススキル講師(2011/01/11 11:59)

企業を長期間維持発展させるための極意を理解できるセミナー紹介 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2010/09/30 10:24)

ミャンマー経済セミナー2016のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/11/04 10:29)