アパートローンの金利、どうすべき?! - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アパートローンの金利、どうすべき?!

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅ローン 住宅ローンの組み方・選び方
いつもメルマガで役立つ話をありがとうございます。

現在、3年固定2.00%のアパートローンを組んでいるのですが、そろそろ期間が終了し、
その時点での融資残高は約3570万、残期間は約20年です。

今後は金利が上がって行くのは分っているのですが、
短期固定を繰り返していくべきか、
長期固定にしてしまうべきか悩んでいます。

そこで相談なのですが、
仮に今後3年間毎に金利が1%上昇した場合、
どちらが総支払い額が少ないのでしょうか?
もちろん短期では繰上げ返済も考えております。
よろしくお願い致します。

 前提条件を教えてください。

 例えば、
 A)20年固定金利4% 
 B)3年固定2.00%がこれから毎回1%上昇した場合

 上記ではAが総支払い額が少なくなります。

 蛇足ですが、昨日読んだ本の1文にこんなことが書いてありました。

 不動産投資の成功法より
 「3年固定を消費した段階で、彼らはより高い金利を購入するか、一括返済するしかない。
彼らが罠にはまったと気がついたたときには、もう動脈にまで食らいつかれて、
そこから抜け出すことはできない」

 3年固定は住宅ローン破産を大量に出した、いまわしき「公庫のゆとり返済」と
同じであると・・。

 FP知恵の木ではアパートローンの借換え見直し
行っております。

 また、あなたの住宅ローンのムダを見つけ出すためのメールセミナー
無料で受付けております。
是非、ご活用下さい。