『保険をスッキリさせて良いとこどりする方法』 - 保険の見直し - 専門家プロファイル

てらの・ファイナンシャルプランニングオフィス 代表
徳島県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『保険をスッキリさせて良いとこどりする方法』

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し
ライフプラン

保険は主契約+特約の組合せで販売されています。


主契約とは名前の通り『保険商品の主たる部分』で
主契約だけで契約が可能です。

特約とは主契約に付加して保障内容を充実させることが
できるものでオプションですので
お好みで付けても付けなくても良いものです。


『保険は難しい』というお声をよく聞きますが、
やたらとたくさんオプションを付けている結果複雑に
なっているのが一つの大きな原因かなとも思います。


保険見直しをする際に役立つので
『保険は主契約+特約の組合せで出来ている』
ということをしっかり覚えておいてください。


保険見直しをする際には、最初に現在のご加入の
保険内容をじっくりと確認していただくことになります。


なぜ確認を行うかと言うと必要なものと不要なものを
知るためです。


持ち続けるべきものか、やめるべきものなのかの区別
をつけると言っていいですね。


例えば、いつの間にか何枚もコレクションしてしまった
保険証券があるとします。
保障内容の確認をして、よくよく見ると保障が重複していて、
『こんなにいらんやろっ!』と叫んでしまうことに
なったとします。


そこで『保険は主契約+特約(オプション)の組合せ』
の話です。


主契約は主たる契約ですので、主契約さえあれば商品として
なりたちます。
ということは特約(オプション)は最初から必要なければ付加する
必要はないものです。
また最初は付加していても後々不要になれば取り外しが
可能です。

車でいうと、ナビやオーディオ類は欲しくなければ
付ける必要ないですし、
必要なくなれば取り外しできるのと同じです。


貯蓄と思って加入している
学資保険、子ども保険、養老保険等に医療特約、
傷害特約がくっついている保険証券をよく見ます。
これらのくっついているものは特約(オプション)です。
【意外と特約が付いてることを知らずに加入されている方は多いです】

現在、他の商品で医療保険にしっかりと加入していて、
これ以上は保障はいらない、重複している保障がたくさん
となれば不要な特約(オプション)は外してスッキリ
させてしまいましょう。

ただ会社ごとに取り外す(部分解約)時のルールがあります。
あるものを取り外すと必要と思っていたものまで
外さなきゃいけないといったことも起こる可能性があるので
注意が必要です。

保険見直し時には全部解約して一から加入し直さなければ
ならないということはありません。
不要な部分だけ解約することは可能となっています。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(徳島県 / ファイナンシャルプランナー)
てらの・ファイナンシャルプランニングオフィス 代表

ゆとり生活への道しるべでありたいと思っています

お金のことをきちんと考えることで安心でゆとりある生活を送ることができるようになります。「ゆとり生活への道しるべ」として、ライフプラン、ファイナンシャルプランニングを通じてより豊かでゆとりある人生実現への実行支援を行っています

カテゴリ 「ライフプラン」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経新聞5面『アフラックの据え置き』より 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/28 12:51)

子どもが生まれたとき 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/08/31 07:00)

生命保険はなぜ必要? 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2014/12/04 07:00)

保険会社や保険ショップなどから提案された生命保険を徹底検証! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2014/08/17 19:00)