世界経済見通し、下方修正へ! - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

世界経済見通し、下方修正へ!

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ

こんにちは!

 

さて、国際通貨基金(IMF)が、24日に2012年の経済見通しを発表しました。

 

前回の昨年9月の見通しに比べ、今回は、世界経済全体で0.7%マイナスに修正され、3.3%の見通しとなりました。

 

一番の要因は、ユーロ圏の問題がまだ解決の糸口が見えないため、前回は、1.1%成長と見込んでいた数値を、“-0.5%”に下方修正を行った点が挙げられます。

 

また、今まで世界経済をけん引してきた中国をはじめとする新興国が、経済成長の速度が落ちてきたことも要因と言えるでしょう。

 

世界経済並びに、各国の経済見通しは以下のようになっています。

 

    2012年経済見通し  前回との修正幅

世界     3.3%         -0.7%

日本     1.7%         -0.6%

米国     1.8%           0.0%

ユーロ圏 -0.5%           -1.6%

中国     8.2%         -0.8%

インド     7.0%         -0.5%

ブラジル   3.0%         -0.6%

ロシア      3.3%         -0.8%

 

ポイントとしては、前述のユーロ圏の大幅な下方修正がありますが、それ以外、最近の指標に改善の兆しが見える米国を除き、大半の国が下方修正された点が挙げられます。

 

実際、現在の世界情勢は、上記の見通しの通り、世界的に金融緩和の流れとなっており、今年の経済は、昨年同様手探りの状況が続くこととなるようです。

 

日本国内においては、消費税問題等で、国会は空転しそうな様相を呈していますが、世界から観た評価としては、消費税10%でもまだまだ足りないとみられています。

 

今年は、日本にとっても、大きな“山場”を迎える年となりそうですね。

 

 

それでは、今週末も、穏やかな日となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

イングランドも日本も決勝トーナメントへ!そして、政治も!? 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2010/06/26 14:52)

12月25日原油価格上昇 株価指数・国債利回り・商品先物価格騰落率 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/12/26 16:05)

平成24年度のマーケットの動き(日本株と世界各地の株価) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/31 18:00)

「日本企業、無借金経営!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/06/08 16:05)

日銀の国債保有進む! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/02/11 02:15)