議決権制限種類株式の価額の評価方法 - 事業再生と承継・M&A全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

議決権制限種類株式の価額の評価方法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 事業再生と承継・M&A
  3. 事業再生と承継・M&A全般

【コラム】議決権制限種類株式の価額の評価方法

 国税庁によれば,相続評価の場合には,無議決権株式も普通株式と同様に評価するのが原則ですが,配当優先であること等一定の条件を充たす場合には,相続時の納税者の選択により,全体の合計額を固定することとして,無議決権株式については普通株式評価額から5%を評価減することも可能とされています。この場合には,評価減分を議決権株式に加算しなければなりません(平成19年2月26日国税庁回答)。このように,議決権制限株式の価額は,その内容如何によっては普通株式より低額に評価される可能性があります。

(ⅰ)無議決権株式の評価算式 

株式の評価額×無議決権株式 

無議決権株式と普通株式×0.95

(ⅱ)普通株式の評価算式

  株式の評価額×普通株式   

  無議決権株式と普通株式×1.05

このコラムに類似したコラム

自社株式を発行会社に譲渡した場合の税務 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/11 13:07)

事業承継と固定合意時の自社株評価をめぐる問題 村田 英幸 - 弁護士(2012/02/01 08:08)

事業承継と株式の評価方法 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/11 13:36)

株式買取りの調停 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/06 16:25)

会社が自己株式を、特定の株主から取得する場合 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/06 16:18)