日常会話で思うこと - 職場の人間関係・雰囲気 - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日常会話で思うこと

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 職場の人間関係・雰囲気

最近、人の話に耳を傾けるという事で思うことがあります。

これは最近始まったことではありませんが、多くの方は
相手の話を聞いていないということです。

「えぇ?私はしっかりと聞いて話しているよ!」と反論する
方もいらっしゃると思いますが実際にはそうではありません。

先日も知人の仕事についてもう一人の方を交えて話し合いを
したのですが、やはりお互いが言いたいことを言っているだけ
で相手の話は聞いていませんでした。

相手の話を聞くと言うことはどういうことでしょうか?

多くの人は、次は私の番だと考え自分の思考を回していると
思います。
相手の話は自分で早々に解釈して、次に何を言うかに気持ちは
いっているのです。

人は誰でも話を聞くよりも話したいものです。
例え自分は話しベタだから聞いている方が得意という人でも
実は話したいのです。(自分の気持ちを言いたい)

ただし、一般の会話はそこまで考えずに進めていますよね。

日常会話は、会話であるけれど“言いたいことをお互いが言い合う”
ということで、それができればすっきりとした気分になれるという
ことです。

ですから、聞えてくる言葉の特徴は、
「そう、そう、けど・・・」
「ていうか・・・」
「ということで、・・・・」
「・・・、私はそうじゃなくて・・・」
「私は、~と思う!」(質問されていなくても)
または、突然自分のしたい話に話題を変えて話をする
などですね。

日々の日常会話はこれで良いと思います。
あんまり気にすると会話がきつくなるからです。

ただし、私はコーチという仕事をしているからそうはいきません。
普段から“聴く”を意識していなければならないからです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

現状維持は・・・・! 阿江 忠司 - ビジネスコーチ(2011/12/08 12:00)

「ネクスト・リーダーズ・キャンプ」の第2回講義開催! 高田 裕子 - キャリアカウンセラー(2013/05/29 03:16)

どう対応したら良いかわからない時はどうしたら良いのか? 七倉 廣香 - 研修講師(2013/01/07 20:01)

話を聴いてもらう幸せとは? 七倉 廣香 - 研修講師(2012/02/23 22:14)