平成24年度の年金額は0.3%引下げ、国民年金保険料は40円値下げ - 年金・社会保険全般 - 専門家プロファイル

社労士はっとりコンサルティングオフィス 社会保険労務士
埼玉県
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

平成24年度の年金額は0.3%引下げ、国民年金保険料は40円値下げ

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 年金・社会保険全般
年金 年金の給付

1月27日、厚生労働省から平成24年度の年金額が発表されました。

 

厚生労働省HPより

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000021a9c.htm

 

l総務省から発表された「平成23年平均の全国消費者物価指数」が対前年比マイナス0.3%となったことから、平成24年度の年金額も0.3%の引き下げられることとなりました。 

 

・老齢基礎年金(満額)  月額で65,541円(前年度より-200円)

・妻がずっと専業主婦だった夫婦の標準的な老齢厚生年金

     2人分の老齢基礎年金と合わせて月額230,940円(前年度より-708円)

 

なお、本来の年金額より2.5%高い水準(特例水準)で支払われている件については、平成24年度から3年間で解消する法案が今年の通常国会に提出されることになっています。

それが成立すると、平成24年10月分が支払われる12月の支払いからさらに0.9%引き下げられることになります。

 

 

一方、国民年金保険料(月額)は前年度より40円引き下げられ、14,980円となる予定です。

 

 

年金と同じく物価変動と連動する手当も、0.3%引き下げられる予定です。

・ひとり親家庭の「児童扶養手当」  41,430円(前年度より-120円)

・障害のある児童のための「特別児童扶養手当」  1級  50,400円(前年度より-150円)

                                  2級  33,570円(前年度より-100円)

 

なお、これらの手当の特例水準(1.7%)についても、平成24年度から3年間で解消することが検討されており、平成24年10月分からさらに0.6%引き下げとなる見込みです。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 社会保険労務士)
社労士はっとりコンサルティングオフィス 社会保険労務士

お客様の「こころ」に寄り添う社労士でありたい

職場のメンタルヘルスと年金関連を得意分野としております。就業規則の作成や見直し、休職・復職規程、衛生委員会の運営指導、社会保険制度説明会等、原稿の執筆や講演、社員研修の講師依頼など、お気軽にお申し付けください。

カテゴリ 「年金」のコラム

このコラムに類似したコラム

自分年金は必須時代に「確定拠出年金」を理解しよう 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/04/07 17:36)

国民年金保険料値下げ 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/14 17:00)

厚生年金保険料の引き上げ 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/01 14:00)

個人年金保険 金額設定の仕方 小川 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/30 22:23)

平成25年度の年金額が確定! 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/01 07:18)