明るいLDKとテント生地 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

納谷建築設計事務所 主宰
神奈川県
建築家
044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

明るいLDKとテント生地

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
多摩川の住宅
1階と同様、2階のLDKも壁一面が、建物の中央にはさみこんだ縁側的なスペースに向かって開くことが出来ます。

建具は、テント生地で太鼓ばりにしているので、耐水性に優れ断熱性能があります。

ひかりは拡散され、柔らかいひかりとなり、部屋の奥まで届きます。
また、自在に開けることができるので、自由に歩き回ることができ、同時に家全体の熱環境をコントロールすることができます。
窓が直接外部に面していなくても、計画しだいでは明るいLDKをつくることはできます。

テント生地は、あまり住宅のインテリアでは使われませんが、目的と用途に合えばテント生地だけではなく、さまざまな材料の使用が可能となります。
大切なのは、そこでは何のために必要で、その目的を叶えるためには何がベストかということです。
もちろんコストパフォーマンスも大きな要因のひとつです。

つまり、既成概念に捕われることなく、素材もまた最適な場所に使われることによって性能を発揮するのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 建築家)
納谷建築設計事務所 主宰

家は住む人のもの。芸術でも、敷居の高いものでもありません

日本の街並み、住環境を豊かな空間に変えたい。建築が出しゃばることなく住む人のための住宅を提案したい。皆さんの家への願いを最短かつ最適に適えたい。だから僕らに遠慮なく何でも話してください。住宅はあなたのものなのですから。※僕が納谷兄弟の兄です

044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「多摩川の住宅」のコラム

開け!お風呂(2006/07/27 00:07)

小さな門、長い玄関(2006/06/21 00:06)

毛深い外壁(2006/06/03 00:06)

都市型住宅/郊外型住宅(2006/05/27 00:05)