相手はどう思うのかな? - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相手はどう思うのかな?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

今日は人材育成についてある会社が行ったことについて
書いてみようと思います。

人材育成といっても新入社員の育成についてですが、
ここの会社は大変新入社員に対して手厚い育成をして
いると思います。

それは、新入社員一人に2人の育成担当者が付きます。
一人は仕事の指導役、もう一人はメンターです。

いままで色々な会社に伺いましたがこのようなやり方
は初めてです。

ですから、会社に対する定着率はとっても良好です。

では、なぜ今回の“コーチング研修”の依頼があったの
でしょうか?・・・・・

そんな中この会社の人事担当者の方が入社して2ヶ月して
新入社員に対して感じたことや意見、要望などを聞いた
そうです。

そこには、新入社員の特性が出ていました。
どんな特性かと言うと
「教えて欲しい、指示してほしい、どんどん言って欲しい・・」
そうなんです、“受動的”な発言が多かったようです。

指導している方々はどのように感じているのかというと
「どこまでやれば良いのか?自分の時は・・・・・」
「相性がなぁ~」

このそれぞれの意見から何を感じますか?

多くの人は、やはり自分を見ているんですね。
特に自分の思いを中心に考えています。

そこでどのようにすればよいのでしょうか?

“ラポールを築く”ことがまずは最初ですね。
その為にどうすればいいのでしょうか?

ラポールの基本は“同じだ!!”と思うことからかも知れませんね。
その為に仕事を外れてしっかりと話を聴いてみることと
思いを伝えることが必要です。

ここから“コーチングスキル”が使えるようになると思います。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

伝える努力、受け止める努力 中川 淳一郎 - 経営コンサルタント(2012/02/02 08:00)

腑に落ちるしくみ 星 和美 - パーソナルコーチ(2014/09/02 09:02)

やる気を維持するために 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/17 10:39)

人の成長に近道があるとしたら・・ 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/03/25 21:18)

飛び立っていく背中に向けた思い 溜 香世子 - パーソナルコーチ(2013/02/01 11:46)