これからの玄関 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

これからの玄関

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●家を建てよう!!

靴は玄関の横にある下駄箱だけで納まっていますか?4人家族以上でお子様が女の子であれば、天井まである玄関収納をセットしても靴は溢れてしまいます。最近は服に合わせて靴を揃える為、大袈裟に云えば、服の数x家族数=靴の数と考えて丁度良い位です。
下駄箱だけでは靴は収納し切れません。玄関横にシューズクロークを設ける発想は今後益々普及するでしょう。

玄関の機能は、単に靴を脱ぐ場所又は応対の場所として機能分化していきます。但し、家の第一印象は玄関で決まりますから、玄関も小さくて良い訳では有りません。では、玄関スペースとシューズクロークのスペースを限りある延べ坪数の中からどうして捻出すれば良いのでしょう?

常識的に造るけど、今では殆ど使わない空間があります。客間です。客間スペースを潰して玄関を広げ、玄関と云う概念を捨てて靴を履いたまま接客応対が出来るロビーの様な空間を造ります。そして自転車まで収納してしまえるシューズクローク空間に分けても良いかと考えています。

客間は何かあった時に使う部屋と考えて造られますが、現代のライフスタイルで何かは存在しません。冠婚葬祭の全てを家の外の施設で行う時代です。
親や親戚が頻繁に泊まりに来ることもありません。何年かに一度気の置けない人が泊まりに来るのであれば居間で雑魚寝でも構わないでしょう。気の張る人であれば近所のホテルに泊まってもらう方が気が楽です。客間があるから不要な気を使うのです。

と考えれば、客間を潰すことにより、リビングは広くなり、玄関は立派になり、シューズクロークはゆったり収納出来る空間が出来上がります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

このコラムに類似したコラム

玄関収納 松永 隆文 - 建築家(2016/05/12 10:13)

玄関。この特殊なもの。 福味 健治 - 建築家(2012/08/28 07:57)

外部収納も作っておこう 大塚 泰子 - 建築家(2011/12/24 19:11)

玄関は本当に必要なのか? 海田 修平 - 建築家(2011/09/17 00:00)

エントランスクローゼット その1 遠藤 浩 - 建築家(2011/04/25 23:00)