寄付金 所得控除と税額控除どちらが有利か - 確定申告 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

寄付金 所得控除と税額控除どちらが有利か

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
税金

震災関連寄附に係る寄附金控除及び税額控除の特例として、

平成 23 年3月 11 日から平成 25 年 12 月 31 日までの間に

支出した震災関連寄附金について、次の措置が講じられました。

 

(1)震災関連寄附金に対する寄附金控除の控除対象限度額が、

総所得金額等の 80%相当額とされました。

 

(2)認定 NPO 法人(寄附金の募集に際し、国税局長の確認を受けたものに限ります。)及び

社会福祉法人中央共同募金会に対して支出した震災関連寄附金のうち

被災者の支援活動に必要な資金に充てられるものについて、

その寄附金の額が 2,000 円を超える場合には、

寄附金控除(所得控除)との選択により、その超える金額の40%相当額

(所得税額の 25%相当額が限度。)をその年分の所得税額から控除することとされました。

 

所得控除の場合:寄付金-2千円(総所得金額等の80%が限度)

税額控除の場合:(寄付金-2千円)×40%(所得税額の25%が限度)

 

<節税額の比較>

具体例1.寄付金10万円 課税所得500万円の場合

所得控除:19,600円

税額控除:39,200円

 

具体例2 寄付金50万円 課税所得800万円の場合

所得控除:114,600円

税額控除:199,200円

 

具体例3 寄付金30万円 課税所得100万円の場合

所得控除:14,900円

税額控除:12,500円

 

具体例4 寄付金100万円 課税所得2,000万円の場合

所得控除:399,200円

税額控除:399,200円

 

 

所得控除と税額控除どちらが有利かは、寄付金の額と課税所得の関係によって決まります。

しかし、傾向として寄付金の額が少ないと所得控除の方が有利になるケースが多いようです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)

このコラムに類似したコラム

【平成23年度税制改正】 - 所得税編 - 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/08/09 12:08)

1月から手取りが減ります 大黒たかのり - 税理士(2011/01/25 10:20)

23歳以上65歳未満の扶養控除は原則廃止 大黒たかのり - 税理士(2010/12/22 11:05)

住宅ローンを繰上返済した場合の住宅ローン控除 松本 佳之 - 税理士・公認会計士・行政書士(2015/12/24 18:08)