中古住宅を購入する際の注意点①【建替え時期を考える】 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

株式会社アドキャスト 代表取締役
不動産コンサルタント
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中古住宅を購入する際の注意点①【建替え時期を考える】

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
不動産購入の基礎知識 無理のない資金計画

中古住宅を購入する際の注意点の一つに、将来どの時期に建て替えが必要となるかを見極めることがあります。

 

築年数が建て替え時期に近い物件を購入した場合、

その残債が多額に残っているうちに建て替えのタイミングをむかえ、

もともとの購入資金に、更に建て替え資金(約2,000万円/月々の返済約7万円)が

上乗せとなり、その後の支払いがショートしてしまう失敗が考えられます。

 

通常木造住宅の寿命は25年~30年と考えられます。

 

・その時期は何年後に来るのか?

・建て替えの資金はどう捻出するのか?

・自分はその時、何歳なのか?

・借入することは可能か?

・自己資金はいくら貯蓄できているか?

 

それらを購入時に検討することで、上記のような失敗を回避し、

安心・安全な不動産購入に近づけると思います。 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産購入の基礎知識」のコラム

このコラムに類似したコラム

中古住宅を購入する際の注意点【中古住宅購入の失敗例】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/01/22 17:39)

不動産売買 トラブル相談例⑦【住環境の注意点:用途編①】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2014/05/10 18:01)

「不動産鑑定士 不動産に関する行政法規」、その3 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/15 07:42)

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴‐【18:登記簿面積と実測面積】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/11/17 18:21)

不動産業者も見落とす、物件購入の落とし穴‐【17:登記簿面積と実測面積】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/11/17 18:17)