遺言書の方式の比較、メリット、デメリット - 家事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年06月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺言書の方式の比較、メリット、デメリット

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
相続

【自筆証書遺言・秘密証書遺言・公正証書遺言の比較】

 

自筆証書遺言

秘密証書遺言

公正証書遺言

作成方法

遺言者がその全文,日付及び氏名を自署し,これに押印する

遺言者が作成した遺言書の封筒に,公証人が提出した日付と遺言者の遺言である旨を記載し,遺言者および証人とともにこれに署名押印する 

遺言者が公証人に遺言の内容を口述し,公証人がこれを筆記し,その内容を遺言者及び証人に読み聞かせ,署名押印させ,公証人もこれに署名押印する

保管方法

本人

本人

公証役場

費用

不要

定額

財産額に応じて

検認

必要

必要

不要

メリット

遺言の存在を隠すことができる。

遺言の存在を明らかにしてその内容を隠すことができる。

遺言の有効性が争われることがない。

デメリット

遺言の有効性が争われやすい。

紛失,隠匿の危険がある。

内容の偽造,変造の危険がある。

紛失,隠匿の危険がある。

遺言の内容を証人等に知られてしまう。

「遺言書」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

遺言書ー公正証書遺言を利用する場合の費用 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/22 13:54)

Last Mission 遺言執行者のお仕事 パート2 白木 麗弥 - 弁護士(2012/02/01 09:00)

相続の基礎知識1 能瀬 敏文 - 弁護士(2013/11/04 13:17)

遺産分割後に遺言が出てきたら? 中西 優一郎 - 弁護士(2013/09/18 11:27)

遺留分とは何ですか? 東郷 弘純 - 弁護士(2013/05/31 10:00)