事業をいかに長く続けるか? - 経営者・エグゼクティブコーチング - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業をいかに長く続けるか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. 経営者・エグゼクティブコーチング

最近いろいろなセミナーに参加させていただいていますが、
昨日は経営をいかに引き継ぐかというセミナーに参加しました。

参加者は多くの企業経営者の方でしたが、皆さん30年ほど企業経営を
されていらっしゃる方々でした。

そんな中今まで経験のない経営承継の問題の悩んでいる方々でした。

参加された方々はこれまでの経済で比較的良好な状態で企業を経営して
きたようですが、これからの社会環境ではいままでの経験があまり
役に立たず、何をどうすれば良いのかも悩んでいらっしゃるようでした。

そこでこれからの経営はどのようなものが良いのでしょうか?

しかし、その答えがすぐに分からば皆さん悩んだりはしませんよね。

これからの企業経営は当然トップリーダーは無くてはならいと思いますが
それよりも働く人をどのように育て一緒に企業を成長させ、個人もを成長
させることが大きな企業テーマになると思います。

トップリーダーの考えに賛同し、また自らも成長をしていける企業環境とは
どんな環境なのでしょうか?

私はコーチという仕事をしいるからかも知れませんが、やはり大事なことは
人と人との信頼関係ではないかと思います。
“安心”がなければ人は考える事も、動くことも出来なのではないでしょうか。
安心は正しく“信頼関係”から生まれるものです。

では、信頼関係はどのように築いて行けばよいのでしょうか?

先ずは、「自分から話す」事ではなく、先に「相手の話を聴く」ことだと
思います。人は安心した時に心を開きますし、人の話を聴けるようになるのです。

皆さんは、本当に周りの方の話を聴いていますか?
ぜひ一度“聴くこと”を学び、やってみて下さい。

その行動がこれから経営の一歩ではないでしょうか?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

戦略二流、実行一流 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/08/22 12:31)

できるから任せるのか?任せるからできるのか? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/11/10 19:00)

「少し掴んできた」という感覚 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/09/24 19:00)

自ら成果を出すチームを作るには?【マネジメントの失敗と成功あれこれ】 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/05/22 20:34)

意識と無意識が統合されたセルフ 凰美ニルヴァーナ洋子 - パーソナルコーチ(2013/11/30 23:02)