変額年金は非課税運用で有利!?その1 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
千葉県
ファイナンシャルプランナー
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

変額年金は非課税運用で有利!?その1

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
投資信託
資産形成において必須と言われるリバランス。

投資信託において、このリバランスは、売買手数料だけでなく、売却益にも税金がかかる!

しかし、しかし・・・・
変額年金はスイッチング(リバランス)コスト(売買手数料)がかからない。
それだけでなく、運用益も非課税。効率的な複利運用ができる。

つまり、投資信託と変額年金の運用益が同じ場合、リバランスコストなし、税金なしの
変額年金は効率的な複利運用により大きく殖えてくれる訳です。

そう、変額年金は、運用を目的に考えた場合、仕組上はとても「有利」なのです。

仕組上は・・・・・

仕組上、有利なことは間違いありませんが、現実は「NO」です。

投資信託は、毎年売買手数料と税金というコストを払って、リバランスを行っても変額年金より有利に運用できます。
(ここで言う投資信託は、金融機関のおすすめ投資信託ではありません。)

さて、どうしてでしょうか。
とても簡単なことです。

続きは、変額年金は非課税運用で有利!?その2へ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「投資信託」のコラム