成果は自分、責任は他者・・・ - 仕事のモチベーション - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成果は自分、責任は他者・・・

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 仕事のモチベーション

今日は、ある会社社長の話を聞いていて感じたことを書きます。

なぜそんなことを書くかというと研修で上司とはどんな上司が
必要とされるかを話したばかりの時に正にやってはいけない
言動をした社長に会ったからです。

この社長は、取引先からクレームの連絡をもらいその会社に
訪問すると取引解消を言い渡されたようです。
事務所に戻ると早速部下に話を始めました。

「酷いよな、あんなに一生懸命やったのに切られたよ」
「あの仕事は、○○さんが分からないでやったから文句を言われた」
「俺はちゃんと言ったのにな、○○さんが・・・」

「あの会社に銀行から融資金が出たのは誰のお蔭だよな」
「それを、残りの売上げも払わないと言って、何だよあの社長は!」
「本当に酷いよな」
などなど長々と話していました。

しかし、その社長の行動はというと、
相手先にはめったに行かない、用事があってもすぐに帰って来てしまう
相手先の話をほとんど聞かない、面倒な仕事は自分では担当しない。
問題が起きても誤らない、などかなり自己中心てきでした。

また、このような話を会う人会う人に言いまくるという言動も
私には理解できないし、社員もどんどんモチベーションが下がり
仕事に対する意欲もなくなってしまうのではないかと思っていました。

社長という仕事は、大変激務であり大変な仕事だと思います。
会社は社長で持っているのは確かですが、社員無しには仕事にならない
のも事実です。

社長がやってはいけない事。
これをもう一度学んだ方がいいのかな?

ただし、人は自分ができていると思うことは修正しようとは思わない
そうで、やっぱり無理かな・・・・

皆さんの周りにはこんな社長はいませんか?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

ホテルや旅館の食品虚偽表示 1 西田 淑子 - ビジネスコーチ(2013/11/24 16:35)

新刊『行動格差の時代』 高田 裕子 - キャリアカウンセラー(2013/05/29 11:16)

27.自己信頼 「全員が喜んでごみを拾う」ディズニーの企業文化 佐藤 創紀 - ビジネスコーチ(2013/03/29 11:57)

自分の気持ちを伝える 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/02/14 20:23)

職場内の相互理解 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2011/12/27 21:00)