受給資格者創業支援助成金シミュレーション 【29】 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

受給資格者創業支援助成金シミュレーション 【29】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 助成金
 コラムTOP【1】 はコチラ
 受給までのタイムスケジュール はコチラ

【step-6】  8月21日  支給申請  (第2回)

2回目の支給申請手続きですが、正直1回目に比べてはるかに手続きは楽です。  ハローワーク定型の書式 (支給申請書) のほかに、普通預金の通帳の写しや現金出納帳の写しなど提出書類もごくわずかで簡素な手続きですみます。

前回第1回目のときは、要件適否の確認・事業実態の確認・対象経費のチェックと突合など、支給可否の根幹にかかわる手続きであったため、各種申請書類ほか領収書など膨大な添付書類の準備と提出が求められました。

ただ、ここで重要なのは 申請のタイミング です。
【step-4】 では支給申請のタイミングが重要であることはお話したと思います。 ではここでもう一度そのタイミングについておさらいしておきましょう。 

第2回目の支給申請期間は


対象従業員雇用の日 (2/20) から 「6ヶ月」 経過日 (8/20) より1ヶ月の間 (8/20〜9/20)



でした。 第1回目、第2回目ともに 対象従業員を雇用した日 が起算点になるのでしたよね。

この申請期間については、対象従業員を雇い入れた段階で、その雇用日から (第1回) 3ヶ月、''(第2回) 6ヶ月'' をそれぞれプラスしたうえ、上のように支給申請をしなければならない期間を確実に抑えておき、不支給とならないよう、このA社事例のように確実にこの期間内の ''早い時期に申請を済ませましょう''。


  ⇒⇒⇒ ''続きはコチラ''

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「Q&A番外編」のコラム