社長借入はそれほど悪いことでもない - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長借入はそれほど悪いことでもない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今月初めて平日5日という週でした。

なんだか少し長めに感じるのは私だけでしょうか?


昨日からの続き、小さな会社と会計について。

現預金が残らない理由として生活費が多いケースを考えています。

役員報酬額は単なる税対策上の数字であり、本当に使って良い

生活費はそれとは無関係だとお話をしました。

これとの関連で社長貸付が問題になってきます。


小さな会社では社長に関わる勘定科目が大きな意味をもちます。

会社の帳面をみると社長からの借入金があるというのはよくあることです。

これは社長が私生活の方から会社に対してお金を投じていることを意味します。

借入金というとマイナスなイメージですが、実態を考えれば社長が自らの

財布を使って商売をしていることを意味するのでまだ良いと考えられます。


問題はこの逆です。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

社長貸付はまずい 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/21 01:00)

役員報酬額とはなにか? 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/19 01:00)

生活費使い込み 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/18 01:00)

役員報酬について 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/01 07:00)

期間帰属がとても大切 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/26 07:00)