夫婦ふたりの家5 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫婦ふたりの家5

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
これから家をつくる人へ 家づくりの基本


50代の夫婦の家(1)

50代になると、サラリーマンの方の場合、定年という一つの節目が視界に入ってきます。そこを踏まえて、ご自分達の趣味をより楽しむ事や、仕事のために我慢してきた「理想の暮らし方を実現したい」というお気持ちが強くなるような気がします。

2つの事例をご紹介します。

**

事例1:プチ田舎暮らしをするために郊外の1戸建てに移住

Yさんご夫婦は、都内の通勤に便利な場所にあるマンションにお住まいでした。ただ、環状7号線という大幹線道路脇という、環境的にはよくない場所でした。ご夫婦は、楽器を弾かれたり、乗馬をされたり、行きつけのお店で食事を楽しまれたりと、都会でお二人の暮らしを楽しまれていらっしゃいました。なので、都心のマンション暮らしでもよかったのかもしれません。

ただ、「庭」・・つまり「土」への「夢」をお持ちだったようで、庭付の1戸建てを探されました。

そして決まった家は、会社まで1時間弱の郊外の家。「予算と面積の関係で、探してるうちにどんどん遠く(郊外)になっちゃった」と笑われました。

延べ35坪(築20年)という、2人で住むには少し大きな家です。ただ、小さく部屋を仕切られ、風の流れも悪く、カビっぽい家でした。リフォームで不要な壁を無くし、1階を大きなワンルームとし、風通しをよくしました。北側にあったキッチンを移動し、リビングと一体でご夫婦で料理を楽しめるようにしました。

また、Yさんのところには3匹の猫がいます。マンションの時には、壁などあちこちひっかいていましたが引っ越ししてからは、家が大きく、空気もきれいになったせいか、猫達もおお喜びのようで、ノビノビしています。以前はきっとストレスがあったんでしょうね。

念願の庭は、当初、和風の庭でしたが、時間を掛け、いい植木屋さんと出会いもあり、雑木林風の気持ちよい庭になりつつあります。

つづく ⇒ 50代の夫婦の家(2)

+++++++++++++++++

Yさんの家: 風樂房(ふうらいぼう)

延べ面積 35坪 築20年 木造2階建て

風樂房 HP内のページ http://s-coco.net/works/fuuraibo/fuuraibo_0.html

      ブログ内のページ http://studio-room.no-blog.jp/homeroom/works_/


------------------------------------------------------

ブログ関連記事

夫婦の家

50代からの家づくり

60代からの家づくり

------------------------------------------------------

東京 暮しリノベーション > 志田茂建築設計事務所

思い描く暮らしの物語がはじまる上質な場 をつくります。


このコラムに類似したコラム

建て替えとリノベーションどちらが安いのか? 杉浦 繁 - 建築家(2013/08/25 14:15)

幸せな2世帯住宅リフォーム 志田 茂 - 建築家(2013/02/04 16:05)

大丈夫なんだろうか日本のトイレは? 杉浦 繁 - 建築家(2012/12/30 19:12)

増築について 志田 茂 - 建築家(2012/02/01 09:58)

夫婦ふたりの家6 志田 茂 - 建築家(2012/01/21 13:51)