離婚か?夫婦関係の修復か?揺れているあなたに(2) - 夫婦仲問題・性格トラブル - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚か?夫婦関係の修復か?揺れているあなたに(2)

- good

恋愛セラピストのあづまです。

「離婚か?夫婦関係の修復か?揺れているあなたに(1)」からの続きです。

感情を「怒り系」と「寂しさ系」に分けて整理してみると、
怒りは、相手との距離を離す感情です。
寂しさは、相手との距離を近づけようとする感情です。

そして、揺れているときには、この両者を持っていることが多いのです。

感情にまかせて、別れを選んでしまうということは、怒りを優先して、寂しさを無視することです。
すると、あとから「寂しい系」の感情が出てきたときに後悔することになります。

一方、怒りを飲み込んで、相手との関係を維持することを選んだ場合には、飲み込んだ怒りの感情が心の奥底でくすぶっていますので、
・関係の継続は選んだが、夫に近づかれたくない
・セックスを求められるのが苦痛
・同居人のようになってしまった。愛情を感じられない。
といった、「相手と近づくと抵抗を感じる」症状に悩むことになります。


どちらの道を選んでも、後悔することになるわけです。

実は、抜けている視点があります。


それは、
現実問題に対処するという視点と、
感情の整理をつけるという視点と、
両方持つ必要があるということなのです。

離婚するか、関係を維持するかという決断は、経済的な面(離婚すると大抵経済的には大変になる)や、子供の教育や心理、親戚関係や仕事の関係など、様々なことを考慮した上で決める必要があります。

一方で、現実問題を中心に決断したとしても、感情の整理というもうひとつのテーマを置き去りにしてしまうと、いつまでも悩み続けることになります。

この問題は、男性に比べて、女性の方が悩みます。なぜなら、男性は過去の感情は比較的簡単に「忘れてしまう」のに対して、女性は感情を忘れることができず、特に怒りを飲み込んだ場合などは、その感情に延々振り回されることがあるからです。

なおかつ、男性が浮気をしたとしても、男性の側が、相手の女性との関係を清算して謝った場合、本人の中ではけじめをつけたと感じることが多いので す。感情の整理をつけられない奥さんから、何度も過去のことを色々いわれ続けると、今度は「そんなにいつまでもグチグチいうのなら、もう別れる」と言われ かねません。乱れた感情の整理の責任まで、旦那に押しつけられないのが辛いところなのです。でも、修復を目指す場合、それを乗りこえなければなりません。


離婚か?夫婦関係の修復か?揺れているあなたに。
現実問題に対処するという視点のほかに、
感情の整理をつけるという視点を持つこと。
これが大切です。

特に、感情の整理の方を、ひとつの、大きな課題だと捉えておくことが、大事です。

(追記)
感情の整理の方法に関しては、
夫の浮気を今も許せない!というあなたに(1)
夫の浮気を今も許せない!というあなたに(2)
夫の浮気を今も許せない!というあなたに(3)
や、
心理学に関するコラムカテゴリーの記事などをお読みになると、きっとヒントが得られると思います。


「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「別れたあと友達に戻りたい」と「円満離婚」は心理学的には同じ 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/05/27 21:00)

親の離婚ではなく、家族間の「心の距離」こそが傷になる 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/05/06 21:00)

【相談実例】不倫相手とズルズル関係を続ける夫をどうしたら? 谷口 憲子 - 離婚アドバイザー(2012/01/30 12:44)

夫の浮気を今も許せない!というあなたに(3)-2 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/03/02 14:00)

夫の浮気を今も許せない!というあなたに(3)-1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/02/26 21:00)