ソロモン諸島 太平洋戦争の兵器や戦跡が残る島々と海 - 外国生活 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ソロモン諸島 太平洋戦争の兵器や戦跡が残る島々と海

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国生活
ロングステイ 海外ロングステイ

2011年9月30日~10月2日にJATA(日本旅行業協会)主催 JATA国際フォーラム・旅博が開催されました。ロングステイアドバイザーである私も数年ぶりに訪れました。旅博を訪れて感じたのは、アジアの国々の観光客・投資家への意気込みと熱気です。一方ひっそりと展示している国々もあり、それらの国を応援したいとの気持ちから、数回に分けて余り知られていない国々をご紹介しています。


昨日は、マーシャル諸島をご紹介しました。本日はソロモン諸島をご紹介します。
国名ソロモン諸島は、立憲君主制の国で、元首はエリザベス二世女王(英国女王)です。フランク・カブイ(Frank Kabui)が総督として2009年6月から就任しています。

公用語が英語、ピジン英語の国です。
在東京ソロモン諸島名誉領事館が千代田区平河町にあります。

日本人にはとても感傷のある島々で、あの「餓島」と称されたガダルカナル島がある国です。
今も太平洋戦争の日本軍と米軍の兵器が残されたままに成っています。私より10歳以上年上の方には聞きなれた島々の名が連なっています。

その様な経緯もあり、日本ではあまり知られていない国の一つで、それだけに自然が手つかずで残された、最後の秘境ともいえる島々で構成されています。

南太平洋観光局 south-pacific.travel で素晴らしい環境と海の写真を見る事が出来ます。
http://www.south-pacific.travel/spto/cms/japanese/destinations/solomons/gallery.shtml

土地面積は29,785平方キロメートルで岩手県の約2倍で、人口は523,170人(2009年、世界銀行)です。

首都ホニアラ(Honiara)はガダルカナル島にあり、民族はメラネシア系が約94%を占め、その他ポリネシア系、ミクロネシア系、ヨーロッパ系、中国系です。

宗教はキリスト教系が人口の95%を占めています。気候は1年を通じて高温多湿。首都ホニアラの気温は沿岸部の平均で最高32度℃、最低が21度℃ですが内陸部に入ると最高気温が35℃に上がることがあります。降水量は3月が最高で430mm、8月が最低で約100mmで、観光で訪れるには、雨が少ない7~9月がお薦めで、南東からの貿易風が過ごしやすくしてくれます。

熱帯のジャングルの動植物に関心のある方、アクティビティーはマリンスポーツですので、海の好きな方には、自然に浸れる素晴らしい環境と思います。
入国・滞在は
有効なパスポートと復路チケットが必要です。

健康に関する注意事項:
マラリアの予防接種を受けることが推奨されています

参考とした資料は、JATA博の国際機関太平洋諸島センター・ブースでで頂いた資料と、下記のホームページを参考としています。

南太平洋観光局 (south-pacific.travel)は南太平洋地域の国々によって同地域の観光産業を促進する為に設立された組織です。

http://www.south-pacific.travel/spto/export/sites/spto/japanese/index.html

外務省のソロモン諸島のページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/solomon/

在ソロモン諸島日本大使館のページ
http://www.sb.emb-japan.go.jp/j/

国際機関 太平洋諸島センター(東京、神田小川町明治大学紫紺館にあります)
http://www.pic.or.jp/


文責
登録ロングステイアドバイザー&登録講師
ファイナンシャル・プランナー
日本FP協会認定 CFP® 吉野充巨


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ロングステイ」のコラム

このコラムに類似したコラム

英語しか/英語さえも話せないビジネスマン達の行く末。 川尻 秀道 - MBA留学コンサルタント(2015/06/20 08:00)

無料体験授業のご案内 黒澤 文子 - 英語講師(2013/04/24 18:52)

イギリス英語でビジネスの真髄を学ぶ 奥村 美里 - 英語講師(2013/04/07 06:00)

アメリカ人が日本にきてびっくりしたこと! 奥村 美里 - 英語講師(2011/11/26 06:00)