「生命保険は若いうちに入った方がお得」を検証する - 保険選び - 専門家プロファイル

佐野 明
VSPファイナンシャル株式会社 
愛知県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「生命保険は若いうちに入った方がお得」を検証する

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
個人保険 医療保険の選び方
「生命保険は若いうちに入った方がお得」

 という話を耳にしたことは何度かあると思います。
 保険は健康なうちしか加入できませんから、終身の医療保険は早めに加入するにこしたことはありません。

 ただ、金銭的にほんとに得なんでしょうか?

 20歳から終身医療保険に加入した場合と、40歳から終身医療保険に加入した場合で、トータルの保険料はどう変わるんでしょうか?

 ほんとは、40歳から入ったほうが得なのではないでしょうか?

 一度、検証してみましょう。
 例えば、一日入院したら5000円もらえる一生涯の医療保険に加入したとします。
 オリックス生命のCUREを使って検証してみましょう。
 https://www.orixlife.jp/estimate/?p=1T
 それぞれ60歳払い込み満了で試算します。

1.20歳で加入し60歳払込満了毎月の保険料 1639円
1639円×12か月×40年=786720円

2.40歳で加入し60歳払込満了毎月の保険料 3905円
3905円×12か月×20年=937200円

 40歳で加入した場合は、20歳から40歳までの期間の医療の保障がないのにもかかわらず、トータルの支払い保険料が高くなってしまいます。

 保険会社によって、40歳から加入した場合のほうが、若干トータルの支払いが少ない場合もあるようです。
 ただし、ヘルニアやぜんそくといたった軽く考えられがちな病気でも、一度診断されると5年間は保険に加入できなくなりますから、「生命保険は若いうちに入った方がお得?」は正しいということになりますね。


このコラムに類似したコラム

医療保険の選び方⑥払込期間 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/25 16:00)

持病があっても加入できる医療保険の競争激化 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/01 19:30)

『貴女のための賢い医療保険講座』全5回書かせていただきました 寺野 裕子 - ファイナンシャルプランナー(2014/03/17 13:34)

医療保険の選び方④入院期間 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/20 13:00)

医療保険の選び方③高額医療費 佐野 明 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/28 15:00)