現場で「出来る限り多くの情報」を読み取る事 - 屋外・外装工事 - 専門家プロファイル

若原 一貴
代表取締役
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現場で「出来る限り多くの情報」を読み取る事

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 屋外・外装工事
作品・リフォーム リフォーム事例

都内で住宅の修繕工事+改修工事がはじまりました。 築20年ほどの鉄骨造の住宅です。 写真は外壁を高圧洗浄している様子。 この後コーキングを取り、新しい物に直します。 また、食堂はキッチンを中心にリフォーム。浴室も大幅に改修します。 現地で細かな寸法を測り納まりの詳細を検討します。 改修工事の場合は机上で全ての事を判断する事ができませんので 工事が始まってから検討する部分が多くを占めます。 現場が始まってから「出来る限り多くの情報」を読み取る事が リフォームの設計のポイントの一つだと考えています

このコラムに類似したコラム

「取材の取材」 清水 康弘 - 工務店(2010/10/18 18:47)

「出社の日曜日」 清水 康弘 - 工務店(2014/10/06 16:35)

階段が出来ました。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/04/12 12:00)

製作キッチン 増井 真也 - 建築家(2013/12/12 09:12)

「素住-SUSU- No.19に掲載されました」 清水 康弘 - 工務店(2013/10/17 16:30)