フィードバックをもらえていますか? - 経営者・エグゼクティブコーチング - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フィードバックをもらえていますか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. 経営者・エグゼクティブコーチング

自分の思いで会社を起こし、あるいは引継いで経営を
しいる経営者にフィードバックをくれる人を持っている
経営者は意外と少ないと思います。

あるいは会社組織でも管理職なるとなかなかフィードバックは
もらえなくなるのではないでしょうか?

しかし、自分だけの思い出突き進むとある方向しか見えず
自分の位置を見失う事があると思います。

確かに経営者には自分の思い出突き進む事は大変重要です。
そこから“成功”を掴むと思います。

“成功”はある時点で掴めるものなのでしょうか?

ある本に書いてあったことなのですが、
「思い描いた成功は掴んだとたんに、自分の成長を止める障害になる」

その時に誰かがフィードバックをしてくれれば、あるいは求めれば
そんな自分に気づく事ができるのではないでしょうか?

フィードバックは、成長して行くには無くてはならないものだと
私は考えています。

では、自分にフィードバックをいつのくれる人がいるかというと
なかなか難しい。

そのために私は自ら周りの人にフィードバックを求めるように
しています。

“厳しい”“辛い”“意外な事”などとフィードバックは思わせる
事が多いですが、それは成長する大事なものです。

「自分は何のためにコーチをしているか?」
この質問を自分にした時には自分の位置に気がつき、
フィードバックは大きな学びになるのです。

皆さんの周りにフィードバックをしてくれる人がいますか?
あるいは、持っていますか?
“とっても大事な人”だと思います。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

経営者の悩み 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/03/22 00:04)

しつこさ 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/09/06 13:47)

自分の意見を持つとは?【マネジメントの失敗と成功あれこれ】 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/05/28 20:00)

逗子に到着。 喜多見 明日香 - パーソナルコーチ(2012/10/25 14:29)