社内報。その前提となるもの - 広報・PR - 専門家プロファイル

豊田 健一
一般社団法人 組織内コミュニケーション協会 専務理事 兼 『月刊総務』編集長
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内報。その前提となるもの

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR

社内広報活動は、

一般的には、社内報等の発行がメイン業務と考えられている

誰の目にもあきらかなアウトプットとしての社内報の発行

この業務に誰も反対することはない

 

その前提として、社内の情報収集は欠かせない

「企画のネタ」、「記事の中身」、「社内ニュースとして」

そのためにヒアリングすることは至極当然のことである

 

さらに踏み込んで知っておくべき事は、

会社と社員の関係性。つまりは、

・会社に対してどのような思いを持っているのか

・そもそも会社のことを好きなのか

・働く上でどのような不安を抱えているのか

・会社に期待することは

・働く意味とは

・何を最優先として働いているのか、等々

会社に対する思いや、考え方。そのようなことを知っておくべきだはないか

 

それは、その社員とやり取りをする上での前提となるはず

その前提を押さえた上でないと、企画立案は難しいのではないだろうか

 

さらには、上記のような「情報」は、トップにも必要な情報

経営の舵取りをする上で大事な目安になるのではないだろうか

 

なにも、社内報にだけ掲載するのではなく

その「情報」をベースに人事施策も軌道修正ができるし

社内イベントの企画立案にも役立つだろう

 

社内報の企画立案には、このような前提を理解する必要があるだろうし

それは、社内報だけにとどまらず、組織運営に係わる様々な部門に有用な情報でもある

 

多くの企業が社内報のリニュアルを考えるこの時期

まずは、前提となる会社と社員の関係

その情報を収集するところからはじめてはどうだろうか

最新 「社内報セミナー」のご案内はこちら → http://icomu.or.jp/?p=129

「社内報創刊」のための無料個別相談                   http://profile.ne.jp/s/s-3693/

「社内報リニュアル」のための無料個別相談            http://profile.ne.jp/s/s-3697/

「社内報編集 初心者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3701/

「社内報編集 中級者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3728/

このコラムに類似したコラム

有事に向けた広報部門の役割 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/05/28 13:00)

お盆と広報 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/09 09:50)

インターンシップでの出会いを次につなげるために 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/17 17:00)

イベントとの連動を考える 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/26 23:32)

社内報のグローバル化 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/09 22:36)